日本にいるアリにはどんな種類がいる?大きさや特徴は?

      2017/08/29

アリといえば、あなたは何を思い浮かべますか。童謡の「アリとキリギリス」では働き者として描かれ、せっせと巣の中へ食べ物などを運ぶ姿は印象的です。至る所で目にし、我々にとっても非常に身近な生き物です。

我々の身の回りにいるアリは、非常に小さいものからそれなりに大きいものまでさまざまです。では、アリにはどのような種類がいるのでしょうか。今回は、日本にいるアリの中で代表的なものを紹介していきたいと思います。

クロオオアリ

クロオオアリ

大きさは1cmほどで、2つ下で紹介するムネアカオオアリと並んで日本にいるアリの中では最大のアリです。身の回りでもっともふつうにみられるアリの1種で、誰もが目にしたことがあると思います。よく見るアリの中で一番大きいアリを想像していただえれば、それがクロオオアリだと考えればたいていは間違いないでしょう。

クロヤマアリ

クロヤマアリ

大きさは4~6mmほどで、クロオオアリをちびっこくした感じです。こちらも日本ではよく見られる普通種で、誰もが目にしたことがあると思います。アリといえば1つの巣の1匹の女王がいるイメージですが、関西型のクロヤマアリは、1つの巣に複数の女王がいるようです。

ムネアカオオアリ

ムネアカオオアリhttps://www.flickr.com/photos/harumkoh/15765126648

こちらも大きさは1cmほどになり、クロオオアリと並んで日本にいるアリの中では最大となります。名前の通り胸の部分(簡単に言うと真ん中の部分)が赤くなっています。蟻といえば土に巣を作るイメージがありますが、このムネアカオオアリは朽ち木や枯れ木といった木に巣を作ります。そのためそういった木が多い山の中などに多く生息しています。なので山によく入る方、田舎に住んでいる方などでなければ我々の周りで見かけることは少ないと思います。

トビイロケアリ

トビイロケアリ

By IronChris - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1543680

体長3mm程度と小さなアリです。あまりなじみのある名前ではありませんが、このアリも日本では普通種といえる種類です。1つのコロニー(集団)が数万匹程度(クロオオアリなどだと1000匹程度です)になることもあります。

アリはフェロモンなどで情報を伝えるものが多いですが、このアリは直接触覚をタッチし合って情報を伝えるようです。またこのアリはアブラムシとの共生関係でも知られていて、アブラムシに食べ物をもらうかわりにアブラムシを天敵から守るという相利共生の形をとっています。

アミメアリ

アミメアリBy ふうけ - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=804438

こちらも体長3mm程度の小さなアリです。このアリには女王アリはおらず、オスもいません。かわりに働きアリが少しずつ産卵(単為生殖)して家族を増やしていきます。また決まった巣をもたないアリとしても知られていて、普段は石の下や枯れた木などに棲みつつ、適宜集団で移動していきながら生活しています。そのためこのアリが大行列を作って移動している姿も我々の周りで見ることができます。

サムライアリ

By Adrian A. Smith - http://www.insectscience.org/7.42/i1536-2442-2007-42.pdf, CC BY 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=29544442

「サムライ」といういかにも強そうな名前をもっていますが、このアリは戦闘力が高く、他の蟻と違って特定の巣は持たず、クロヤマアリ等ほかの蟻の巣を襲い、奴隷化するという特殊な生態をもっています。言い換えれなほかの蟻が作った巣を自分のモノにしてしまうのです。(上写真は近縁種の北アメリカに棲むサムライアリ)

「アリとキリギリス」で描かれているような働き者の蟻とは無縁に感じますが、このように戦闘力に特化させ、他の蟻を利用して生きるという独特な生きるための戦略をとっているのです。

番外編:グンタイアリ

軍隊アリは日本では西表島などわずか一部のみで見られる、熱帯原産の蟻です。異次元の個体数のコロニーをもち、自分よりはるかに大きな動物でも集団で倒すことができる蟻です。現在進行形でヒアリの侵入が話題になっていますが、このように世界に目を向けると、日本では考えられないようなアリもいます。

参照:最強!?軍隊アリってどんなアリ?生態は?橋を造る?

最後に

いかがでしたか。普段は何気なく見過ごしているアリですが、どの種類のアリなのかも含めじっくり観察してみると意外と面白いこともあるかもしれませんね。

 

 

 - 蟻や蜂の仲間