最強!?軍隊アリってどんなアリ?生態は?橋を造る?

軍隊アリは、巣は持たず名前の通り軍隊のような列を作って進むなど、我々が普段イメージするようなアリとは大きく違った生活を営んでいるアリです。ゲームや映画などで登場することもしばしばあるアリです。では、彼らはいったいどのようなアリなのでしょうか。今回は、この軍隊アリについていろいろとみていきたいと思います。


スポンサーリンク

種類と生息域

グンタイアリは熱帯に生息しているアリで、日本では西表島に生息しています。そのため一部地域を除けば日本で見られるアリではありません。

グンタイアリと呼ばれるものには、厳密には3つの亜科に分かれています。この3つの亜科は、それぞれグンタイアリ亜科サスライアリ亜科ヒメサスライアリ亜科になります。

亜科によって生息域は異なっており、だいたいグンタイアリ亜科はアメリカ、サスライアリ亜科はアフリカ、ヒメサスライアリ亜科はアジアに生息しています。なお、西表島に生息するのはヒメサスライアリ、チャイロヒメサスライアリの2種です。

グンタイアリの生態

彼らの生態で特徴的なのは、まずは狩りです。アリが狩りを行う、などというとピンとこないと思いますが、彼らは爬虫類など自分より大きな生きているものでも容赦なく襲う生き物です。

かといって、大きさは亜科や種類によって違いますが、だいたい1.5cmとかそのぐらいと、格別大きいというわけではありません。なお、西表島にいるグンタイアリは数mmです。

軍隊のように列を組み進んでいく中で、であった昆虫や爬虫類、鳥などを襲います。場合によっては(病気の場合など)大型の哺乳類を襲うこともあり、人間も襲われることがあるようです。

ちっちゃいアリが自分よりはるかに大きい生き物を狩るのは衝撃ですね。このグンタイアリが形成する列は非常に大きく、数十万、あるいは百万を超えるような数になります。加えて大きく、かつ鋭い牙ももっています。

 

一部残酷な映像がありますので、苦手な方は閲覧は避けてください。

なお、西表島に生息しているグンタイアリは人間に襲ってくることはないので、日本でこのグンタイアリの被害が出るということはないでしょう。実際に、そのようなニュースは見たことがないですよね。

役割分担

我々が普段目にするようなアリと同様、グンタイアリにも女王アリや働きアリなどがおり、働きアリは4つの役割に分かれます。隊列を見守る役割、獲物を運ぶ役割、狩りの中心を担う役割、架橋を造る役割の4つで、それぞれメジャー、サブメジャー、メディア、マイナーと呼ばれています。

Fourmi-legionnaire
By D. Stoffel – photo, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2013625

 

架橋とは?

先程架橋を造る役割を担うものがいるといいましたが、この架橋とは何でしょうか。これはグンタイアリたちがそのままでは通れないような場所に、グンタイアリたちが大量に集まりあって橋のようなものを作り、その場所を通っていこうとするものです。このようなことを行うアリはグンタイアリ以外にはないと思われているようです。

スポンサーリンク

最強?生物界の頂点?

このアリはジャガーのような生き物でさえ逃げ出すため、生物界の頂点にいるのでは?などといわれることもあります。流石に大型ほ乳類を襲うことはそうそうないでしょうが、弱っている馬などを襲うこともあり、人間が襲われたということもあるようです。また、数の力でゾウなども殺せるといわれています。

とはいえ、さすがに無敵かといえばそうとも限らず、まさに”グンタイアリキラー”といった生き物も存在します。それが次に紹介するものです。

天敵になるのは?

例えばテキサスホソメクラヘビというヘビは、グンタイアリの攻撃を封じることのできる物質を分泌することができます。そのためグンタイアリは、このテキサスホソメクラヘビには攻撃ができずに食べられてしまいます。他にもハキリアリには負けてしまう、パラポネラは避ける、アリジゴクには勝てない(巣に落ちたらおしまい)などといわれます。

最後に

いかがでしたか。大きな生き物に立ち向かう獰猛なアリ。そのどう猛さは肉食獣すら忌避するものです。このようなアリがいるのは驚きですね。

スポンサーリンク