ウバザメについて解説!大きさや生態は?水族館で見れる?

ウバザメは、ネズミザメ目ウバザメ科に属するサメで、非常に大きく、魚類の中で2番目に大きいとされています。ここでは、このウバザメについて解説していきます。


スポンサーリンク

大きさや外見の特徴

ウバザメの大きさはだいたい6~8mほど、重さは5.2tほどとなります。9~10mほどの個体も存在しますが、極めて稀です。

これまで確認された中で一番大きな個体は、カナダのファンディ湾で見つかった12.27mのものが挙げられ、また信憑性は微妙ですがノルウェーで13.7mの個体がいたという報告もあります。このウバザメの大きさは、冒頭で述べた通り魚類の中で2番目の大きさです。なお、1位はジンベエザメとなります。しかし乱獲の影響からか、最近このような大きな個体を見られることは少なくなっているようです。

参照:ジンベエザメの生態や大きさは?見れる水族館はどこ?

日本では、9mの個体が網にかかっているのが、瀬戸内海で確認されたことがあります。一方で最近、日本近海ではウバザメ自体を見ることが少なくなったようです。

同じネズミザメ目のホホジロザメなどと外見がよく似ており、間違えられることもしばしばですが、ウバザメには幅1mほどに達する空洞状の口があることなどから見分けることが可能です。また、ホホジロザメに比べると歯は小さく、歯の大きさは5~6mm程度です。また、ホホジロザメのような鋭い歯を持っているわけでもありません。

三大ザメの1種?

ウバザメは、メガマウス、ジンベエザメと並んで三大ザメの1種としても挙げられます。この3種はすべてプランクトンなどを餌にしていますが、ウバザメは口を開けて自然と入ってくる水から餌を取る一方で、残りは自ら水を飲み込みにかかり、餌をとります。

参照:メガマウスについて解説!大きさや生態は?地震の前兆?

ウバザメの生態

ウバザメの食べ物

ウバザメは動物性のプランクトンや小さな魚、無脊椎動物などを餌としています。サメといえば大きな魚も飲み込むイメージがあるかもしれませんが、このウバザメに関してはこのようなイメージはあまり当てはまりません。

口を開けて泳ぎながら獲物を捕らえます。口を開けて海水を呑み込み、鰓篩と呼ばれるエラの付属器官を用いて餌を採取しています。水を飲み込む量は非常に多く、1時間当たりトン単位の水を飲み込み、鰓篩(さいし)でふるいにかけてプランクトンなどを摂取しています。

天敵はいる?

ウバザメに天敵はほとんどいませんが、シャチがウバザメを食す姿がニュージーランドやカリフォルニアで確認されたことがあります。

参照:海洋生物最強のシャチ!天敵はいる?人間との関係は?

ウバザメの生活史

ウバザメは冬眠することはなく、1年中活動しています。暖かい時期には陸の近くでも見られますが、冬になると、より深くへ(水深900m以上へ達することもあります)移動し、プランクトンなどを食します。

人間を襲う?

大きなサメというと人間を襲うような恐ろしいイメージが先行しますが、このウバザメに関しては人間に危害を与えることはほとんどありません。というのも、もともと上記で述べたように濾過(ろか)捕食者で、大きな獲物を襲うようなことはなく、加えてホホジロザメなどと比べても動きは遅くおとなしい性格なので、余程のことがない限りは人間を襲うことは基本的にはないようです。

水族館で見れる?

ウバザメを飼育している水族館は現状ないようです。もともとウバザメは生息数が減っており、保護種となっていることや、飼育が難しく費用対効果に欠けることなどが理由のようです。そのため、ウバザメを水族館で見ることはできず、実物をお目にかかる機会はほとんどなさそうです。

したがって、実物を見たい場合は、ダイビングなどを通してみるしかなさそうです。なお、ウバザメのダイビングツアーなどが行われることもあるようなので、ダイビングが好きな方はこのようなツアー等を探してみてもよいかもしれません。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか。ジンベエザメやホホジロザメ等と比べると知名度はないですが、実は魚類の中で2番目に大きく、性格もおとなしいためどこか好感を覚えるサメでもあります。水族館で見れないのは残念ですね。

 

スポンサーリンク