ビーグルはどんな犬種?性格は?値段や入手方法は?

      2016/12/10

ビーグル犬とは

ビーグル犬はイギリス原産で、狩猟犬として活躍してきました。ビーグル犬の最大の特徴はずば抜けた嗅覚はであり、狩猟犬の中でも嗅覚ハウンドという分類で呼ばれています。14世紀まで狩猟犬として活躍し、それ以降から現在までペットとして、また、その優れた嗅覚を生かし、警察犬や麻薬探知犬、検疫探知犬としてのワーキングドッグとしても活躍しています。

また、誰もが知る有名なキャラクター「スヌーピー」のモデルになった犬でもあります。体長は33㎝~38㎝ほどで体重は8㎏~15㎏ほどの小型犬です。大きな垂れ耳に小柄な体でペットとして根強い人気を誇る犬です。

ビーグル犬の性格

小柄な体格で愛らしい姿ですが、性格はとても活発で、明るくやんちゃです。遊ぶことが大好きで独立心も強いため、遊びに夢中になると家族や飼い主を無視して単独行動をとってしまう傾向が見られます。

しかし一方では、寂しがり屋な一面もあり、長時間のお留守番は苦手です。分離不安症になってしまったり、留守番中に寂しさを紛らわすためイタズラをすることを防ぐため、しっかりとトレーニングを行いましょう。また、吠え癖がある犬種でもあるので、こちらのしつけもしっかりと行いましょう。

dog-1369576_640

病気

比較的病気に強く丈夫なビーグル犬ですが、気を付けなければならない病気がいくつかあります。まずは椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアは激しい運動や肥満、骨の老化で起こる病気です。

ビーグル犬は食欲旺盛なタイプのため餌は与えた分だけ食べてしまいます。餌の与えすぎは肥満に繋がり、骨に負担をかけ椎間板ヘルニアを引き起こす可能性も出てきます。また、肥満から糖尿病になる可能性もありますので餌の与えすぎには十分注意しましょう。

その他に白内障や網膜萎縮などの目の病気にもかかりやすい犬種です。白内障は加齢に伴って起きる病気だと言われています。また、遺伝が原因の場合や糖尿病が原因の場合やもあります。前述にも記しましたが、餌の与えすぎには十分注意し、体調管理をしっかり行いましょう。また、病気のサインを見逃さないよう、毎日のコミュニケーションをしっかりと取りましょう。

ビーグルの寿命

平均寿命は12歳から15歳と言われています。

購入方法 里親制度もオススメ!

ビーグル犬の価格相場は10万~20万円ほどと、血統や容姿により大きな差が出てきます。ブリーダーから直接購入する場合、自分の目で飼育環境や親犬の健康管理もしっかりと行っていることを確認できるブリーダーを選びましょう。

ここでオススメなのは、里親として引き取ることです。ビーグル犬などの一時爆発的な人気を誇った犬種は、悲しいことに、流行が過ぎると保護件数が増加する傾向があります。里親制度については以下のページで詳しく解説しています。

厳しい!?里親制度の条件は?メリットやデメリットは?

人間のエゴにより家族を失った犬を、新し家族の一員として迎えてあげられる里親制度は、多くの方が犬を手に入れる際に利用されています。保護主からその犬の情報を得ることもでき、飼育方法なども詳しく聞くことができます。そして何より、尊い命を殺処分という残酷な状況から救うことができるためお勧めの方法です。

dog-1258102_640

最後に

いかがでしたか。お気に入りの犬を見つけて、長く飼育を楽しんでください。

 -