最強の毒ヘビ・ブラックマンバを解説!天敵は?飼育できる?

あなたは、ブラックマンバというヘビを知っていますか。最強のドクヘビと呼び声も高いヘビとなります。こわっ!と思った方も多いかもしれませんね。では、実際はどのようなヘビなのでしょうか。今回は、そういったブラックマンバについてみていきたいと思います。ちなみにブラックマンバという名前は、口の中が黒色をしている、ということからきています。


スポンサーリンク

ブラックマンバの生息域・大きさ

ブラックマンバはサブサハラアフリカの多くの国に生息しています。ケニアの標高1800mの地点や、ザンビアの標高1650mの地点なんかでも目撃されていますが、基本的に標高1000m以上のところではあまり見られない種類となります。

もともとは地面にいる生き物ですが、樹上にいることもしばしばです。低木帯、シロアリの塚、別の生き物が捨てた穴、岩の割れ目などによく棲んでいます。サバンナのような草地から森林帯まで、様々な場所に適応することができます。

大きさはだいたい2-3mとなります。大型のものは4.3m~4.5mぐらいにまで達することがあるようです。こんなドクヘビがいると考えるとやはり恐怖を感じますね・・。この大きさは、キングコブラに次いでドクヘビの中では2番目に大きいといえます。ちなみに体重は1.6kg程度となります。※キングコブラについてはこちらをご覧ください

ブラックマンバの天敵

ブラックマンバは頂点捕食者にも挙げられます。ほとんどの動物はブラックマンバを餌として狙うことはありませんが、天敵が全くいないということはありません。例を挙げれば、チュウヒワシなどの猛禽類が挙げられます。チュウヒワシの中でもムナグロチュウヒワシチャイロチュウヒワシの2種はブラックマンバを襲うことが多い種類です。

またブラックマンバの毒を免れることのできるマングースも、ブラックマンバを襲うことがあります。(※マングースについてはこちら)以下のマングースとブラックマンバの対決動画もご覧になってください。

 

ブラックマンバの速さ

ブラックマンバは非常に動きの速いヘビです。アフリカ原産のヘビの中ではもっとも速いヘビだといわれており、あるいは世界中で見てもおそらく最も動きが速いヘビだ、ともいわれます。ヘビ界のスピードスター、といったところでしょうか(笑)。

一方でほっそりした体形もあってか、馬よりも早く移動ができるなどともいわれることがありますが、これは完全なデタラメです。実際のところは、移動速度は瞬間の速さとなりますがおよそ16km/h程度ぐらいに達するといわれています。

ブラックマンバの食べ物・寿命

ブラックマンバは動物食で、小型の哺乳類、鳥類などを食べて生活しています。寿命は不明な点が多いですが、11年生きたという記録があります。自然界でもっと長く生きることは可能だろうといわれています。

ブラックマンバは飼育できる? 毒の強さは?

ブラックマンバは許可を取れば飼育不可能ではないですが、非常に危険なヘビのため、飼育は推奨できません。アメリカなどで$500(1$=100円だとすると5万円)程度で売られている、という話もありますが、果たして人間が飼える代物なのか疑問に感じます(笑)。

毒は非常に強く、気性も荒いため最も危険なヘビとして名前が挙がることもしばしばです。人間を積極的に襲うことはありませんが、自然界では人間が40mより近づくと我慢できず、襲ってくることが多いともいわれています。人間が噛まれれば、血清治療を行っても下手をすると死に至ることもあり、行わなければ7-15時間ほどで死んでしまうようです。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか。猛毒を持つ恐ろしいヘビ・ブラックマンバ。その一方でこのヘビを襲いにかかるチュウヒワシには関心しますね(笑)。猛毒蛇の一種として名前を頭の片隅にでも置いておいてください。

スポンサーリンク