ケアーンテリアを解説!飼育、特徴、性格、病気、値段など

      2016/12/09

ケアーンテリアの歴史

ケアーンテリアとはスコットランド原産のテリア犬種で、体高28㎝~30㎝の小型犬種です。映画「オズの魔法使い」で主人公ドロシーの愛犬トトのモデルになり、一躍有名になりました。

祖先犬はスコッチ・テリアという犬種で、15世紀にはすでに存在し、小動物を捕らえる狩猟犬として飼われていました。そのスコッチ・テリアが後にスカイ・テリアとダンディ・ディンモント・テリアという2種に枝分かれし、このうちのスカイ・テリアがさらに4種に分かれました。そして、19世紀後半にこの中の1種が現在のケアーンテリアとして誕生しました。

ケアーンテリアという名は、「ケアーン(積み石)」の隙間に生息する小動物を狩る狩猟犬だったことに由来していると言われます。

ケアーンテリアの特徴と性格

ケアーンテリアはまん丸とした大きな瞳に小さくピンと尖った耳を持ちます。体は狩猟犬の名残から筋肉質で、病気にもかかりにくく非常に丈夫です。

被毛は寒い地域出身のため、ダブルコートになっており、比較的固めの上毛と柔らかい下毛を持ちます。被毛のカラーは豊富で、クリーム・レッド・ブリンドル・グレーなど様々に存在します。普段は抜けにくい毛質ですが、生え変わりの時期は大量に毛が抜けるため、こまめにブラッシングしてあげましょう。

ケアーンテリアは好奇心旺盛で活動的でな性格で、独立心が強く勇敢な犬種です。飼い主には大変忠実で努力家でもあるため、しっかりとしつけを覚えさせ従順関係を理解させることで良きパートナーとなってくれます。また、警戒心が強いため、番犬としても活躍してくれる犬種です。

dog-1399202_640

元は狩猟犬であった名残から、小型犬にしては運動量が多いのも特徴的です。毎日のお散歩は必須で30分~1時間を目安に1日2回は最低でも行いましょう。また、公園やドッグランなどの広い場所で走らせてあげることも大切です。知能の高い犬種なので、フリスビーなどの玩具を使用して遊ばせてあげると尚良いでしょう。

ケアーンテリアの病気

ケアーンテリアは他の小型犬と比べて非常に丈夫な体を持つ犬種ですが、皮膚が弱いという弱点があります。皮膚病を防ぐためにも、死毛を指やハサミなどで引き抜いて毛の生え替わりを手助けする「プラッキング」を行ってあげる必要があります。幼少期にプラッキングを怠ると、成犬になってから毛が抜けにくく、プラッキングの際に愛犬に強い痛みを与えストレスの原因となってしまいます。そのため、子犬のころからしっかりとプラッキングを行ってあげることが大切です。

また、白内障や緑内障などの目の病気にもかかりやすい傾向にあります。日々のコミュニケーションの中でしっかりと愛犬の体調を観察し、病気のサインを見逃さないようにしましょう。

購入方法

イギリスやアメリカなどの海外では、ペットとして大人気のケアーンテリアですが、日本ではまだまだ珍しく、ペットショップで見かけることはめったにありません。しかし、国内でも信頼できるケアーンテリアのブリーダーが存在するので、優良なブリーダーを見つけて直接購入しましょう。価格は一般的には15万円~20万円ですが、血統や見た目・カラーによって価格は変動します。

cairn-terrier-1083165_640

最後に

いかがでしたか。日本ではまだマイナーな犬種ですが、「オズの魔法使い」のモチーフになるなど意外な歴史のある犬です。興味を持った方は検討してみてはいかがでしょうか。

これから犬の飼育を始めたい方は、以下のページも参照してください。

厳しい!?里親制度の条件は?メリットやデメリットは?

犬の飼育を始めたい!犬の選び方は?健康状態の確認は?

犬の飼育にかかるお金は?初期投資や毎月かかる費用は?

室内でも飼える小型犬!飼育しやすい4つの犬種を紹介

中型犬、大型犬で飼いやすい犬種は?8つの犬種を紹介!

既に犬を飼育している方は、以下のページも参照してみてください。

犬の餌(ドッグフード)は何が良い?選び方は?ダメなものは?

犬の毛の掃除、手入れはどうすればいい?シャンプーは?

犬のしつけはどうする?心構えは?最も大切なのは?

犬の散歩はどうする?頻度や時間は?時刻は決めない?

 -