猫の餌には何を与えればよい?種類や選び方は?

      2016/12/25

ネコの餌の選び方 お勧めのキャットフードは?

ネコの餌は栄養バランスの一番良いドライフードを主に与えましょう。しかし注意しなければならないのが、安価なドライフードには、ネコの健康に害のあるものもあるということです。ドライフードには食肉として使用できない鶏のくちばしや足、家畜の臓器、道でひかれた動物の死骸の肉や飲食店での廃棄肉などが含まれていることがあります。

これらは4D ミートと呼ばれ、人間が食べてはいけないものとされています。原材料名にミートミール・まぐろミールなどの「ミール」「肉副産物」「肉骨粉」「家禽(かきん)」と記載されているものは4Dミートが使用されており、ネコの健康を害するものです。その他、「香料」「着色料」「ph調整剤」、BHAやBHT、没食子酸プロピルと記載されている「酸化防止剤」などの添加物が入っているものも有害な添加物ですので、キャットフードを購入する際は必ず原材料を確認しましょう。

また、ネコの消化器官は小麦やトウモロコシなどの穀物を消化できる作りになっていません。そのため、原材料名の一番目に穀物の名前が記載されているドライフードも避けましょう。ドライフードにグレインフリーと書かれているものは、穀物が含まれていないものなのでお勧めです。一方で、米が使われているドライフードは、食物繊維が豊富で猫のお腹にたまった毛玉を排出する効果があるのでこちらのフードもお勧めです。

ペットフードの場合、国産よりも外国産の方が安全性が高いのが特徴的です。ペットの本場は欧米であり、また動物愛護の傾向も高いことから、厳格な安全基準を持ペットフードが作られている傾向にあるからです。国産のものでも安全なフードはありますが、外国産のような厳格な安全基準とこだわりという点では劣ってしまうでしょう。外国産のものは、ホームセンターなどよりもネットで購入すると比較的安く買うことができます。

代表的な外国産キャットフード

ネットで購入できる外国産のキャットフードとして代表的なのは、カナガンキャットフードなどです。カナガンは、イギリスの平飼いチキンが60%以上使用されており、高たんぱくに仕上がっています。野菜やハーブなども配合されており、人工添加物は不使用とネコの健康第一につくられたキャットフードです。

注意点としては、犬の場合とある程度共通するのですが、与えすぎによる栄養過多に注意すること、腎臓などに病気を持った猫にとっては逆効果になる場合があるかもしれない、などが挙げられます。

食べない、という悪評もあるようですが、いきなり今までのキャットフードから切り替えてもすぐに食べてくれるとは限りません。とはいえ、今までのキャットフードに混ぜて与えながら徐々に割合を増やしていくなど、工夫することで慣らしていくことが可能です。長期的に見れば、愛猫の健康を支える一助になるのではないでしょうか。

カナガンの購入はこちらからどうぞ。


ネコの餌の種類

ネコの餌はドライフード、セミドライフード、ウェットフードの3種類に分類できます。

  • ドライフードは最も栄養バランスがとれたキャットフードです。お手頃な値段と日持ちの良さ、また夏場でも傷みにくいのが特徴です。
  • セミドライフードは柔らかく、ネコが食べやすい半生タイプのキャットフードで、「ソフト」や「モイスト」と呼ばれています。栄養バランスはドライフードより劣ります。
  • ウェットフードは70%~80%が水分のキャットフードで、ほとんどが缶詰タイプとなっています。栄養価は低いですが、ネコの食いつきが一番良いご飯で、食欲不振のネコに食事を摂らせる際に最も効果的です。

スポンサーリンク

ネコに与えてはいけない食べ物

キャットフードの安全性や猫の健康面も考えて、手作りの餌をあげる飼い主も多いです。しかし、「ネギ類・ニンニク・ミョウガ・ニラ・カカオ類・ブドウ・レーズン・アボカド・貝類・生魚・生イカ・生タコ・生の豚肉・非加熱の甲殻類・牛乳・生の卵白・アルコール」これらの食品は下痢や嘔吐、ビタミン不足、貧血や血尿、胃腸に支障をきたします。いかなる場合でも絶対に与えないでください。

スポンサーリンク

餌の与え方

子猫の場合は一度に沢山の量を食べることができないため、少量を数回に分けて与えます。1日3回を目安として与えると良いでしょう。成猫の場合は1日2回を目安に与えます。成猫はむら食いと言って、キャットフードを食べたり食べなかったりします。これは野生時代の名残であり、食べるときは一度に多くを食し、食べないときはニオイを嗅ぐだけという時もあります。

むら食いか病気かを見分けるコツは、ネコがニオイを嗅いだ後、床を穴を掘るように掻いたりするようであればむら食いのサインですのでご安心ください。食べないからといって、エサを余分に与えすぎてしまうと肥満に繋がるため、十分に気を付けてくだい。

cat-451377_640

最後に

いかがでしたか。ネコが長く健康でいられるよう、猫に合った餌をしっかり食べさせてやってください。

スポンサーリンク

 

 -