猫の散歩を解説!方法は?メリットやデメリットは?必要?

犬の場合と違い、猫の飼育をする上で「散歩」をイメージされる方は少ないと思います。一方で、猫は犬のように散歩しなくても運動不足にならないの?等と疑問を抱く方や、猫を飼育している方で猫と一緒に散歩をしてみたいと思う方などもいらっしゃるかもしれませんね。では、実際のところ、猫の散歩は必要なのでしょうか。今回は、猫の散歩について、メリットやデメリットも含め解説していきたいと思います。


スポンサーリンク

猫の散歩は必要か

猫はもともと縄張り意識の強い動物であり、自分のテリトリーから積極的に出ようとはせず、外に連れ出すと怖がってしまう可能性もあります。また、猫は犬ほど運動量を必要とせず、室内飼育の場合は家の中での運動で十分と言われています。

そういうこともあり、意見が分かれるところではありますが、基本的には 「猫の散歩は必要ない」と言われています。散歩のメリット、デメリットはそれぞれありますが、基本的には猫によって外に出たがる猫や、そうでない猫がいますので、散歩をするかどうかは猫の性格に応じて決めてやればOKです。特に散歩を嫌がる場合は、無理に散歩をさせる必要はありません。

猫の散歩の目的

猫

上で述べたように、猫は犬程運動を必要としないため、散歩をしなかったからといって運動不足になるかといえばそんなことはありません。そのため、犬のように運動不足を防止するための散歩を行う必要はありません。

そのため、次のメリットの欄でも述べますが、猫の散歩の目的は猫を外に出してあげることでストレスを軽減したり、外に出して季節を認識させてリズムを整えるといった要素が強いです。犬と猫では、同じ散歩でも目的が違うことは頭に入れておいてください。

猫の散歩のメリット

もともとは野良猫であったりする場合は、室内の狭い空間はストレスの原因になってしまう可能性があります。そのため、散歩に連れ出してあげることで、ストレス解消や気分転換になります。

また、猫は毎日毛が抜けますが、特に毛がたくさん抜ける換毛期を春と秋に迎えます。完全に室内で飼育している場合、気温の変化が特になく四季を感じることがないため、換毛期を迎えることができません。そのため、外に連れ出してお散歩をしてあげることで、気温の変化などを感じ季節を認識させてあげることで、抜け毛の増える時期なのか減る時期なのかという認識ができ、リズムを整えることができます。

そのほか、災害が発生し避難する際はキャリーバッグを使用しますが、長期の避難生活になった場合、常にキャリーバッグの中で生活させるわけにはいきません。猫にストレスを溜めさせないためにも適度に外に出してあげることが大切になりますが、その場合に首輪やリードをはめ逃げ出さないように注意しなければなりません。この際に、首輪やリードに慣れていないと嫌がって外してしまったり、さらにストレスをかけてしまう原因となってしまいます。

そのため、普段から首輪やリードに慣れさせ、外に連れ出してあげると、いざという時に避難しやすく、またストレスを軽減させてあげることにも効果的です。

猫の散歩のデメリット

猫

お散歩をする際、一番怖いのが野良猫と遭遇してしまうことです。相性が悪く喧嘩をしてしまった場合、怪我をしてしまう危険性があり、また野良猫から何らかの病気をもらってしまう恐れもあるため、十分に注意しましょう。もし野良猫と遭遇してしまった場合には、愛猫を抱っこして素早く立ち去りましょう。できれば、獣医さんにも相談してワクチンを打っておくなど病気への対策を事前に行っておくのがよいでしょう。

また、室内飼いの猫の場合、ノミやダニ対策に神経質になる必要はほとんどありませんが、外に連れ出すことで、ノミやダニを連れ込んでしまう可能性があります。そのため、愛猫がノミやダニによって苦しまないためにも、薬品を使用したり、お風呂に入れて洗ってあげるなどの対策が必要となるでしょう。

もともと野良猫であったり、または家猫であっても外の世界を気に入ってしまった猫は、飼い主の隙をついて脱走を試みる可能性が高くなってしまう可能性があります。そのため、猫の脱走防止には十分注意する必要が出てきます。もし脱走してしまった場合でも見つけることができるよう、事前に首輪にGPSを着けたり、個人情報の入ったマイクロチップを着けておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

猫の散歩のさせ方

猫をお散歩に連れ出す際は、基本的に犬と同じようにリードをしましょう。猫は犬のように飼い主に合わせて歩くことはなく、マイペースに歩くので、猫のペースに合わせてあげましょう。決して無理にリードを引っ張ったりなどはしないよう気を付けてください。

また、首輪は抜けやすいだけでなく、猫を痛めてしまう危険性があります。そのため猫をリードに繋ぐ時には首輪ではなく必ずハーネスを用いてください。

スポンサーリンク