ゲンゴロウについて解説!種類は?飼育法や寿命は?

水中で生きる昆虫の中で最も有名なゲンゴロウ。ゲンゴロウ類はコウチュウ目オサムシ科に属する水生昆虫の総称です。田んぼなどで、泳ぐ姿やちょっとお尻を出したりする姿が愛らしくもあり、誰でも名前だけは聞いたことがあるはず。

最近では外来種農薬の影響などで幻の虫となってきており、都市部では見ることができなくなりましたが、東北地方や長野県、山梨県ではよく採取され、ペットショップでも販売されています。今回は、そういったゲンゴロウについていろいろと調べていこうと思います。


スポンサーリンク

ゲンゴロウの種類

日本にいるゲンゴロウの仲間は130種類以上ありますが、中でもよく知られているゲンゴロウは、日本で最大の種類で、「タダゲンゴロウ」あるいは「ナミゲンゴロウ」というのが正式な名前です。専門誌などで「オオゲンゴロウ」と表記されているのは、このたぐいとなります。

その他の種類はおおむね小さいです。コガタノゲンゴロウ、コツブゲンゴロウ、ヒメゲンゴロウ、マメゲンゴロウ、クロマメゲンゴロウ、チビゲンゴロウなど、いかにも小さそう!と言った名前がついています。

ちなみに、大きさは日本で最大の種類の「ナミゲンゴロウ」が33mm〜40mmほどです。マメゲンゴロウは7mm、ケシゲンゴロウで5mm、ツブゲンゴロウで4mm、そしてチビゲンゴロウで2mm程度となります。l_05

ゲンゴロウの飼育

飼育は淡水魚と同じような水槽飼いでよく、飼育は比較的行いやすいとされています。熱帯魚などと一緒に飼育することも可能ですが、体表や後ろ足にカビが生えないようにしたり、飛ぶ前に体を乾かすために陸に上がることがあるため水面上に少なくとも10cm程度の陸を作ってやることが必要となります。

また飛んだら困るという場合には、蓋をしておくことも必要です。また、流木など体を乾かすときに止まりやすいような足場を作っておいてあげましょう。また、本来水草が多く直射日光は少ないところで生育していますので、直射日光は避け、オオカナモホテイアオイなどの水草を入れるとよいでしょう。

ゲンゴロウの餌

餌はタガメやミミズの他、ドジョウ、エビの死体なども好みます。そのような餌が無いときには、煮干しでも代用はできます。食べかすを散らかして水が汚れやすいのが難点ですが、ミナミヌマエビやイシマキガイを水槽に入れておいたり、濾過装置をつけるとよいでしょう。水替えも汚れの程度に応じて行ってください。

幼虫は共食いが多いため、単独で飼育しましょう。幼虫の飼育環境も同じように陸を作ってあげるのをお忘れなく。幼虫も肉食性で、餌はオタマジャクシなどを幼虫の大きさに応じて与えましょう。

ゲンゴロウの寿命

寿命は3年程度となります。

スポンサーリンク

生息数の減少

ゲンゴロウは近年、ブラックバス、ブルーギル、ウシガエル、アメリカザリガニなどの外来種により急速に減少しているといわれています。散布された農薬などの影響もあるようです。ブラックバスなんかは有名ですが、アメリカザリガニ、ウシガエルなんかも在来種に被害を与えているというのは意外と盲点になるところです。

最後に

生息数が確実に減少してきたゲンゴロウ。飼育される場合は、大切に育ててあげたいですね。

スポンサーリンク