オオハナインコの飼育法を解説!餌、寿命、値段、色は?

      2017/11/24

オオハナインコとは

オオハナインコはニューギニア、オーストラリア、ソロモン諸島周辺などの南半球の森林地帯に生息するインコです。

オオハナインコの最大の特徴は、インコ類では珍しくオスとメスで全く異なった外見をしており、オスは緑色をベースに赤や黄色、青の差し色が入った体で、くちばしには赤と黄色のグラデーションカラーを持ちます。一方で、メスの体は赤、紫、青の鮮明な色合いをしており、くちばしは黒色をしています。体長はオス、メスともに約35㎝で中型のインコです。

オオハナインコの性格

性別により性格にも違いが見られ、オスは大人しくのんびりとしており、メスは活発的で陽気な性格の個体が多いです。オスとメスは外見が違うため、容易に区別することができます。

この性格の違いから、静かにのんびりと暮らしたいのか、または楽しく和気あいあいと暮らしたいのかによってオスかメスかを選ぶとよいでしょう。また、オオハナインコはオスメスともに人懐こく好奇心旺盛で賢く、短い単語も覚えることが可能です。

オオハナインコは賢く人にもよく懐きますが、一方で神経質な一面もあり、構ってあげる時間が少なかったりすると、飼い主の愛情を感じられずに、傷つきストレスになってしまいます。また、気に入らないことがあると拗ねてしまうなど、わがままになることもあるので、毎日のコミュニケーションを大切に愛情をもってお世話してあげましょう。

飼育方法と必要なアイテム

用意するもの

オオハナインコは体長約35㎝ほどに成長する中型インコですので、飼育ケージは大きめのもので、羽を十分に広げることのできる広さのものを使用しましょう。放鳥する時間を十分にとれるのであれば、高さや幅はさほど大きくなくても大丈夫ですが、そうでない場合は、高さ90㎝、横幅60㎝以上のケージが必要となります。なお、ケージがあまりに大きすぎるとテリトリー意識が生まれることがあるため注意してください。

ケージ内には止まり木、エサ入れ、水入れ、巣箱、おもちゃを用意しましょう。オオハナインコは南半球に生息するインコですので、寒さには強くありません。そのため、冬場はペット用ヒーターなどの保温機器が必要となり、十分に保温してあげる必要があるので気を付けましょう。

オオハナインコのくちばしは先端が尖っており、噛む力も強く破壊力抜群のため、ケージの素材はステンレス製などの丈夫な素材を使用することをお勧めします。また、オオハナインコの破壊工作を防ぐために、ケージ周辺や放鳥する室内にはできるだけ物を置かないようにしましょう。

清掃はこまめに

不衛生な環境は体調を崩したりストレスの原因になるため、ケージ内の清掃はこまめに行うことが大切です。できれば毎日1回、排泄物の掃除をしてあげ、週に1度はケージ全体を丸ごと熱湯で消毒洗浄してあげましょう。

オオハナインコの餌

オオハナインコは野生下では種子や果実、花や芽、花の蜜などを食べて生活しますが、これらの食べ物だけでは十分に栄養を取るのは難しいでしょう。飼育下ではインコ用のペレットやミックスシードなど栄養価の高いものをメインに与えます。

ペレットはインコにとって完全栄養食で必要な栄養分がバランス良く配合されていますが、ペレットに慣れていないとなかなか食いいてくれないため、最初はシード類などと混ぜて与え慣れさせると良いでしょう。ミックスシードは殻付きのほうが栄養価が高くおすすめです。

そのほか、小松菜やチンゲン菜、豆苗などの葉野菜やブロッコリー、ニンジンなどの野菜、リンゴやミカン、ベリー類などの果物をミネラルやビタミン補給のために副食として与えてあげましょう。また、カルシウム補給のためにボレー粉なども餌と混ぜて与えてあげるとより栄養バランスが整うためおすすめです。

オオハナインコの寿命

寿命は約40年~50年ほどといわれており、長寿のインコです。

オオハナインコの値段

オオハナインコの値段は10万円以上と高価なインコです。多くのインコやオウムに言えることですが、ある程度お金に余裕がないと購入は難しいと思います。

最後に

オオハナインコは人に良くなつくインコの一種で寿命も長いため、良い関係を築ければかわいいパートナーとして長く一緒にいることができます。性格などを把握したうえで愛情をもって接してあげてください。

 - 鳥類