クロハラハムスターの飼育法を解説!餌、性格は?寿命は?


スポンサーリンク

クロハラハムスターとは

クロハラハムスターとはその名の通り、腹部が黒くなっているハムスターです。ベルギーとルーマニア南部を原産国とする品種で、海外では一般的にヨーロッパハムスターと呼ばれています。ペットとしての歴史は浅く、日本では1997年ころから飼育されるようになりました。体長は約20㎝~34㎝とハムスターの中では最大の品種です。

クロハラハムスターの性格

クロハラハムスターはその可愛らしい見た目とは裏腹に、野性味が強く攻撃的で凶暴な性格の個体が多いです。毎日声をかけ、愛情を持ち根気強く接してあげることで次第に心を開いてくれるようにはなりますが、飼育は難しく、初心者受けの品種ではありません。また、縄張り意識が強くほかの個体を受け入れないため、多頭飼いには向いていないのでご注意ください。

飼育方法と必要なアイテム

クロハラハムスターは体が大きいので、ハムスター用のケージよりもモルモット用やウサギ用のケージを使用することをお勧めします。クロハラハムスターは野性味に溢れ力強いため、ケージは壊れにくい頑丈なタイプのものを選びましょう。

クロハラハムスターは地面に穴を掘って巣穴を作り、生活する習性があります。そのため、ケージ内には床材を潜ることができるくらいの深さに敷き詰めてあげましょう。ハムスター用の様々なタイプの床材が売られているので、好みに合わせて選ぶと良いです。一般的なのはウッドチップで、針葉樹と広葉樹の2種類があります。針葉樹は稀にアレルギーを引き起こしてしまうので不安であれば広葉樹のウッドチップを使用しましょう。牧草タイプの床材も販売されていますが、クロハラハムスターの目は若干飛び出ており、牧草が目に突き刺さる可能性があるので、使用は控えたほうが良さそうです。

クロハラハムスターはトイレの場所を覚えないのであちこちで排泄をします。そのため、清潔な環境を保つためにも、糞尿で汚れた部分の床材は毎日交換しましょう。全ての床材の交換は週に1回、ケージ全体の清掃は月に1~2回は必ず行ってください。

寝床や隠れ家として必要になる巣箱は、木製はハムスターがすぐに壊してしまうので、頑丈で壊れにくい陶器製のものを使用すると良いでしょう。

齧歯類なので、物をかじることをしないと歯が伸び続けてしまう性質があります。そのため、場合によってはかじり木を用意したほうがいい場合もあるかもしれません。(見向きもしない場合もあるので、ハムスターにかじり木を用意するかどうかは肯定、否定両方あります)かじり木については以下のページを参照してください。

齧歯類のかじり木はどうする?種類や注意点は?

その他、運動不足やストレス解消のためにケージ内にはチンチラ用などの大きい回し車を用意します。また、毎日最低30分は室内で自由に遊べる時間を作ってあげましょう。クロハラハムスターは夜行性ですので、室内で遊ばせる際は夕方から夜にかけての時間が好ましいです。昼間に無理に起こすと機嫌を損ねる原因になりますし、またストレスの原因にもなります。寝ている間はそっとしておくのがベストな対応です。

クロハラハムスターは草食性に近い雑食性で、野生では木の実、穀物、野菜、果物、昆虫などを食べて暮らします。飼育下にあるクロハラハムスターにはハムスター用の配合飼料を主食として与えましょう。たんぱく質やミネラルが不足しないよう、副食として野菜や果物、豆類やミールワームなどを与えると栄養バランスが取れて健康的な食事になります。

クロハラハムスターの寿命

寿命は8年前後です。ハムスターのなかでは比較的寿命が長いです。

chomik_europejski
スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか。ハムスターの中では大型で、寿命も長いです。とはいえ飼育は難しめで、初心者向きとはいえないハムスターです。普通のハムスターのつもりで飼育するのは避けたほうがよいのではないでしょうか。最後までしっかり世話できるか吟味したうえで飼育するようにしてください。

スポンサーリンク