厳しい!?里親制度の条件は?メリットやデメリットは?


スポンサーリンク

里親制度とは

里親制度とは行政機関又は動物愛護団体に持ち込まれた犬や猫・その他の動物を新しい家族として迎え入れる制度です。持ち込まれる動物たちには「元の飼い主がわかっている動物」と「元の飼い主がわかっていない動物」の2種類にわけられます。

元の飼い主が分かっている動物の場合

「元の飼い主がわかっている動物」は何らかの理由により飼い主から手放されてしまったケースが多く、中でも「年老いて世話が大変だから」「吠えてうるさいから」「大きくなって可愛くなくなったから」などの人間の身勝手な理由により捨てられてしまう事が多々あります。

元の飼い主が分かっていない動物の場合

また、「元の飼い主がわかっていない動物」の場合は、「散歩中に逃げ出してしまった」「飼い主の外出中にいなくなってしまった」などの迷い動物や、「野外に捨てられてしまった動物」、「野良化した動物」などが存在します。

飼い主を失った犬はどうなる?

このような様々な理由により飼い主を失った犬は、運よく心優しい人に拾われない限り、行政機関に持ち込まれ殺処分の対象となったり、心無い人々による虐待を受ける対象となってしまいます。

こうしたことを少しでも減らしていける用、動物愛護団体や保健所、民間団体が定期的に譲渡会を開催し里親を募っています。また、近年ではインターネットでも里親募集サイトを見つけることができるようになり、以前よりも身近に里親制度を感じられるようになりました。

スポンサーリンク

里親になる条件

一般的に里親になる条件の基準は高いといわれています。動物愛護センターでは特に高い基準を設けており、

  • 「県内在住の20歳以上~概ね65歳未満であり、申請者が飼養する本人であり、また、家族全員の同意を得ていること。」
  • 「成犬・成猫は早期に、子犬・子猫は生後6ヶ月までをめどに不妊・去勢手術を施すこと。」
  • 「現在、他に動物を飼養しておらず、将来も適切に管理できない動物は飼養しないこと。」
  • 「名札・マイクロチップ等により、所有者明示をすること。」
  • 「譲渡講習会・自宅訪問調査・譲渡後の調査の実施を受けること。」
  • 「生態・習性及び生理を理解し、愛情と責任を持って適正に終生飼養できること。」
  • 「動物の飼養に関する法令を遵守できること(登録・鑑札・狂犬病予防注射等)」
  • 「動物だけを残して日常的に1日4時間以上留守にしないこと」

とあります。これは奈良県の愛護団体が提示しているもので、引き受ける都道府県によって若干の違いはありますが、多くの場合はこのような厳しい条件をクリアしなければなりません。

条件が厳しすぎると嘆く方も多くいらっしゃると思いますが、一度新しい飼い主に迎え入れてもらった犬や猫が、また身勝手な理由で返されてしまったり、過去には動物実験や虐待目的で引き取られる悲しい事実があったために設けられている条件なのです。

条件に当てはまらない!でも・・?

しかし、動物愛護団体の条件には当てはまることができないけど、動物は心の底から大好きで一つでも多くの命を救ってあげたいという方も多くいらしゃると思います。だからといって諦める必要はありません。そんな時に利用できるのは、ネット上での里親募集です。管理者によっても違いがあると思いますが、一例を挙げれば

里親募集の管理者は個人で犬・猫を保護している方で、里親になる条件は、

  • 「以前に動物を飼養していたか」
  • 「飼育者本人の年齢と属性、家族構成」
  • 「なぜその犬(または猫)を引き取りたいと思ったか」

といった質問に答え、その保護主と里子として引き取りたい犬(猫)と本人、家族全員が面会する、といった感じです。

里子になる犬(猫)が里親を気に入って、保護主も安心して引き渡せるのであれば交渉成立というもので、交渉成立すれば一匹の成犬を里子として引き取ることができる、といった感じです。

このように個人で保護を行っている方の譲渡条件は動物愛護団体とは異なり緩めのものが多いです。ぜひ、一つでも多くの命を救えるよう自ら検索してみてください。

次のページでは、里親制度のメリットやデメリットを紹介しています。

スポンサーリンク