日本テリアはどんな犬?飼育法、性格や特徴は?値段は?


スポンサーリンク

日本テリアの特徴

日本テリアは日本原産の唯一のテリアであり、家庭犬として作出されました。

全長30㎝~33㎝ほどの小型犬で、日本テリアは引き締まった体にすらりと伸びた足を持ちます。その小さな体とは裏腹に、日本テリアはパワフルで活動的であり、跳躍力に優れ足も速く、俊敏な動きを見せます。

体色は真っ白か黒のまだら模様を持つ体に、黒い頭部、両頬や目の周りにタンと呼ばれる茶色い模様が入っています。表情は柔らかく女性的で、優しく愛らしい印象です。日本テリアの最大の特徴は被毛の短さで、約2㎜ほどしかありません。その被毛の短さから寒さは苦手であり、冬場は洋服を着せたりお散歩時間を短くしたりして防寒対策をする必要があります。

日本テリアは戦前はペットとして非常に人気があった犬種ですが、戦後になると洋犬ブームが起こり、絶滅寸前の危機にさらされるほどその数は減少してしまいました。そのため、日本原産の犬であるにも関わらず、日本でその名はほとんど知られていません。一方で、ここ最近ヨーロッパで日本テリアのブリーダーが登場し、家庭犬として人気を高めています。

日本テリアの歴史

日本テリアは、1700年代にオランダから長崎に渡来した「スムース・フォックス・テリア」を元として小型の在来犬を交配し、その後神戸で繁殖、改良され生み出された犬種です。神戸が主な拠点だったことから「神戸テリア」との名も持ちます。

日本テリアはスムース・フォックス・テリアのほかに、「トイ・マンチェスター・テリア」や 「イタリアン・グレーハウンド」、「トイ・ブル・テリア」などの血も混ざっているのではないかとも考えられています。

日本テリアの性格

日本テリアはとても明るく活発な性格をしており、頭も良く飼い主に対しての忠誠心も強い犬種ですので、しっかりとしつけを行えば素直に言うことを聞いてくれます。日本テリアは場の空気を読むこともできるため、人の迷惑になる行動もしなくなります。

また、飼い主の顔色を伺って何を求めているのかを察知する能力も備えているため、言葉を覚えさせれば指示した通りに行動し、立派な家庭犬として活躍してくれるでしょう。

また、テリア種らしく警戒心も強く、自分のテリトリー内に見知らぬ人が入るとよく吠えるため、番犬としても活躍してくれるでしょう。

賢く素直でしつけをしやすい犬種のため、お子さんがいる家庭でも飼育することが可能ですが、犬が先住していて、後から赤ちゃんを家に迎えると、縄張り意識の強い日本テリアはあまりいい気はしないためおすすめできません。

しつけの方法

犬を飼育する場合はしつけをしっかり行う必要がありますが、日本テリアを含むテリア種の場合のしつけは、良い悪いをはっきりと示す必要があります。 飼い主に対して忠誠心の強い犬種ですので、明確なルールを作ると日本テリアもそれを理解し従ってくれます。逆にルールが曖昧だと、犬が混乱してしまいますので気を付けましょう。

日本テリアは小柄ですが非常に活発な性格のため、散歩は毎日しっかりと行ってあげましょう。時間のある際には公園やドッグランなどに連れて行き、思いっきり遊ばせてあげると運動不足解消やストレス発散になるためおすすめです。

犬のしつけはどうする?心構えは?最も大切なのは?

※日本テリアは超短毛のため、冬場は必ず保温するようにしてください。

スポンサーリンク

日本テリアの値段

子犬の場合で、日本テリアの値段は20万円程度になります。

By Pleple2000 – Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=19355124

最後に

まだ名前はあまり知られていませんが、唯一の日本原産のテリアです。性格をしっかり把握して飼育を行ってください。

スポンサーリンク