メダカの飼育法を解説!餌、種類、寿命は?温度や注意点は?

   

メダカといえば、「めだかの学校」など童謡でも歌われているなど、我々日本人にとっても最も身近な魚の1つです。日本の魚なので特別な温度管理もいらず、丈夫で広く飼育されている魚でもあります。ペットショップやホームセンターなどでよく売られているのを目にする方も多いのではないでしょうか。今回は、そういったメダカの飼育についてみていきたいと思います。

メダカの生態

メダカは水の流れが穏やかな小川や水路などに生息しています。丈夫な体と優れた環境適応能力を持ち、腎機能が発達しており耐塩性が非常に高いため、慣れれば海水での生活も可能です。

動物プランクトンなどを餌とし、また蚊の幼虫ボウフラを好んで食べるためボウフラ退治の益魚としても知られています。

必要なアイテム

メダカを飼育するための水槽又は容器・底砂・水草・網・水換え用のホース・バケツ・水温計・カルキ抜き剤(水道水の場合)、室内飼育の場合には、蛍光灯・ろ過用フィルターを最低限用意します。また、メダカが病気になった場合に使用する粗塩も用意しておくと良いでしょう。

水槽や容器は30㎝四方で10匹飼育するのを目安に、飼育するメダカの数によって大きさを選びましょう。

床材には大磯砂や赤玉土(園芸品用)が一般的に使用されています。床材は水槽の演出のみならず、バクテリアや微生物の住処としての役割を果たします。バクテリアや微生物は床に落ちた餌のカスやフンなどを分解し、水を洗浄する役目を果たしてくれるので、床材はなるべく敷いた方が良いでしょう。

水草にも水を浄化する働きがあり、また水中に酸素を補給する役割も担います。その他、メダカの隠れ家や産卵場所ともなりますので、水草は必ず水槽内に入れてあげましょう。一般的には睡蓮やホテイ草、オオカナダモモが使用されています。

飼育水の注意点

メダカを飼育する際に一番重要なのが水質です。一般家庭では水道水の使用することがほとんどだと思いますが、水道水には細菌を殺すために塩素が使用されています。塩素はメダカにとって毒であり、水道水をそのままメダカの飼育用の水として使用することはよくありません。

そのため、カルキ(残留塩素)抜きを必ず行いましょう。水道水をバケツや容器に汲み1日以上置いておくと自然にカルキを抜くことができます。また、市販でもカルキ抜き剤が売られているので、すぐに水が必要な場合はカルキ抜き剤を使用しましょう。

飼育方法

メダカは日光に当たることによりビタミンAやDを生成し、丈夫で健康な体に育つことができます。そのため、日中はなるべく日光の当たる場所でメダカを飼育しましょう。生態上屋外飼育が理想的ですが、室内で飼育する場合には光不足にならないよう、蛍光灯を使用しましょう。

メダカは2度~38度の水温でも生存することができますが、活発に活動できる水温は25度~28度ほどです。屋外飼育の場合、夏場はすだれなどを使用し日陰を作り水温の上昇を防ぎ、冬場は室内に入れ飼育するなどして調節しましょう。

水質の悪い環境は、メダカが病気を引き起こす原因となります。そのため、メダカの健康のためにも、水変えは週に1回、全体水量の3分の1ほどの水を変えると良いでしょう。水は前述したとおり、必ずカルキを抜いたものを使用するよう注意してください。

餌は夏場は1日に2回、春や秋冬は1回を目安に、メダカ用の餌を与えます。その他、ミジンコや糸ミミズ、赤虫などの生餌も好んで食べます。生餌は栄養価が高いため、成長期のメダカにお勧めです。

メダカの種類

一口にメダカ、といっても実際は様々な種類がいます。以下のページを参照してください。

黒メダカ、ヒメダカ・・メダカの種類を紹介!値段や特徴は?

メダカの寿命

メダカの寿命は一般的には1年と言われていますが、飼育下においては3~5年ほど生きることも可能とされます。

最後に

いかがでしたか。丈夫で飼育のハードルも低く、比較的手軽に飼える魚です。これから魚などを飼育してみたい方は是非検討してみてください。

 - 魚類・甲殻類