ミナミヌマエビの飼育法を解説!餌や値段は?

   

ミナミヌマエビは日本の固有種で、一生淡水で生きる陸封型淡水エビです。生息地は水草の多い、流れの穏やかな川や池で、生物の死骸や苔、藻などを食す雑食性です。

体長は最大2㎝~3㎝と小ぶりで、寿命は約1年です。主に夜行性ですが、水温が20度~25度前後でれば昼間でも活発に活動する姿が見られます。

飼育方法と必要なもの

ミナミヌマエビは小動物を襲うことがないので、あらゆる魚との混泳が可能です。ただし、小柄なミナミヌマエビは体格の大きい魚に捕食されやすいため、混泳させる場合は体長4㎝ほどの小魚と飼いましょう。ミナミヌマエビはメダカとの相性が良く、メダカの卵の苔の清掃にも活躍してくれるので混泳飼いにお勧めです。

雑食性で生物の死骸や藻類を食すことから、水槽内のお掃除屋さんとしても活躍してくれます。

ミナミヌマエビを飼育する際に必要な水槽は、幅が狭く細長い形の水槽がお勧めです。水槽のサイズは複数匹一緒に飼育するのか、他の生物と同居させるのかなどを考慮して、選ぶと良いです。水質維持のための水草や水苔、濾過フィルターも忘れずに用意します。

ミナミヌマエビは環境の変化に弱く、水質がきれいすぎるのも繊細なミナミヌマエビには不向きといわれています。元々金魚やメダカなどの淡水魚を飼育している水槽で一緒に飼育する場合は問題ないですが、新規でミナミヌマエビを飼う場合は、もともと飼育されていた水をそのまま水槽に入れて様子をみましょう。

飼育に適した水質を自ら作る方法もあります。まず知っておきたいのが、ミナミヌマエビにとって、水道水に含まれるカルキという塩素消毒成分は毒です。そのため、水道水は使用せずに市販のカルキ抜きの水を使用しましょう。水槽内の底には砂利を敷き、アヌアビアスやウイローモスなどの水草や水苔を植えます。濾過フィルターを設置し水を循環させて準備完了です。ここから一週間ほど老廃物を分解するバクテリアが水槽内に繁殖するのを待ちます。または、市販の飼育水用薬品を使用することで、すぐに飼育することも可能です。

水温は5度~28度に保ちましょう。最大30度の水温まで生きることが可能ですが、ミナミヌマエビは高温になると体が赤っぽくなり弱ってしまいます。水温には十分気を配り、特に夏場は注意しましょう。

なんでも食べる雑食性のミナミヌマエビですが、主な餌は苔やアカムシです。市販のエビ用の餌を与えても良いですが、ペットショップでの販売は少なく、ネットでの購入が簡単で良いでしょう。また、人間用の魚介系食品(ちくわや魚肉ソーセージなど)や茹でた青菜やキュウリなども与えることが可能です。

水槽のガラスに付いた苔の清掃目的で飼育する場合は、苔のある間はミナミヌマエビ用の餌を与えなくて大丈夫です。しかし、餌不足になると共食いをしてしまうので、様子を見て適量の餌を与えましょう。

minaminumaebi

CC 表示 3.0, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=1271698

購入方法

ペットショップで購入可能ですが、値段は割と高めで販売されています。ネットショッピングやオークションでも販売されており、50匹以上の大量購入する場合こちらの手段のほうが格安で購入できるのでお勧めです。だいたい1匹数十円とかです。

ミナミヌマエビの寿命

ミナミヌマエビの寿命は1年ほどです。

最後に

いかがでしたか。コケの掃除屋としても使えるミナミヌマエビ。飼育も特別難しくないので、ぜひ検討してみてください。

 - 魚類・甲殻類