黄金の蛹?オオゴマダラ!幼虫の食草や飼育は?毒あり?

あなたは、オオゴマダラという蝶を知っていますか。タテハチョウ科に分類される蝶で、日本にいるチョウの中では最大級といえる非常に大きなチョウです。ここでは、そういったオオゴマダラについて解説していきます。


スポンサーリンク

外見上の特徴

上の写真の蝶がオオゴマダラで、見ての通り翅には白地に黒い模様があります。後でも述べる通り、この派手な色は天敵に対する警戒色となっています。このことについては幼虫の食草の欄を見てください。美しい姿から「南国の貴婦人」と呼ばれているようです。

幼虫も白と黒の2色からなり、縞模様のようになっています。幼虫の頭と尾には角が2本ずつ生えています。

また、オオゴマダラの場合何より特徴的なのは蛹です。えっ、蛹?と思うかもしれませんが、オオゴマダラの蛹はなんと金色に輝くのです。

大きさや生息域

写真だけだとどこにでもいる小さな蝶に見えるかもしれませんが、前翅長は7cmにもなり、日本のチョウとしては最大級といえます。大き目のチョウといえばナミアゲハ(一般的なアゲハチョウ)などが思い当たると思いますが、ナミアゲハの大きさは通常前翅長5cmほど、大きくても前翅長6cm程度です。そう考えると、オオゴマダラがいかに大きなチョウかが窺い知れます。

日本では南西諸島に生息しており、世界を見渡すと東南アジアに広く生息しています。喜界島(奄美大島の北東にある島)が北限とされているため、本州では残念ながら自然の状態では見ることはできません。

オオゴマダラの生態

発生時期や生息数

基本的に生息域では通年見ることができるようですが、冬は少な目です。沖縄ではアイドル的な蝶で、しょっちゅう見れるわけではありません。一方で、現地では育てたものを放蝶されることも多く、数はやや増加傾向ともいえるようです。

幼虫の食草

幼虫はホウライカガミ()やホウライイケマ()と呼ばれる植物を餌にしています。これらの食草にはアルカロイドと呼ばれる物質を含んでおり、これを取り込むことによって毒を体内にためています。毒は成虫になっても残り、身を守るのに役立っています。(かといって、捕食者ではない人間には特に害のある蝶ではありません)

オオゴマダラは目立つ色をしていますが、この色は天敵に自身が毒をもっているというサインでもあります。このような色を警戒色と呼びます。アサギマダラ(以下のページ)など、このような性質を持つ蝶は他にも存在します。

参照:渡り蝶?アサギマダラを解説!生態や幼虫の食草は?寿命は?

オオゴマダラの飼育は可能?

オオゴマダラは比較的狭い場所でも繁殖させやすく、飼育しやすいチョウで、施設などでもよく飼育されています。

沖縄などもともとオオゴマダラが棲んでいる地域にお住まいの方であれば、食草のホウライカガミ等を切ってきてペットボトルやビンなどに生け、幼虫にその葉を食べさせれば飼育できるでしょう。飼育して金色の蛹まで育て、そこから大きなオオゴマダラを羽化させる経験は楽しいと思います。

一方で、本土などもともとオオゴマダラがいない地域だと、幼虫は育てられても成虫まで育った後成虫の蝶を育てられる設備をお持ちでなければ、成虫になれば殺して標本にする等しかなくなります。また、暖かい地域のチョウなので、冬は多少加温する必要があるでしょう。

言うまでもないですが、オオゴマダラを本州で放虫するともともといない場所に放ってしまうことになるので気を付けてください。幼虫や食草は沖縄にいる知り合いから取り寄せるか、あるいはヤフオクなどで出ている場合もたまにありますので手にいれることは一応不可能ではないと思います。

オオゴマダラが見れる場所

オオゴマダラは温室のある昆虫館などに行くとたいていの場所で見ることができます。例えば、伊丹市昆虫館、樫原市昆虫館、石川県ふれあい昆虫館、ぐんま昆虫の森などがあります。

スポンサーリンク

最後に

本土で見れないのは残念ですが、近所に見れる場所があれば、ぜひ行ってみてください。

 

スポンサーリンク