コロソマについて解説!大きさは?飼育できる?

あなたは、コロソマという魚を知っていますか。コロソマはるカラシン目セルラサルムス科に分類される魚で、南米のアマゾンなどに生息する淡水魚です。大型の魚で、ピラニアを想起させるような外見をしています。今回は、コロソマについて調べていきたいと思います。


スポンサーリンク

大きさや生息域

アマゾン川やオリノコ川流域に生息しており、南アメリカのカラシン目の中では最大の魚になります。野生で生息しているのは先程挙げた2つの川の流域ですが、養殖魚の形で南アメリカで広く養殖されています。

体長は1m、体重は40kgをそれぞれ超えるほどまで達することもある、大型の淡水魚です。ピラニアに似た外見をしており、特に幼魚はピラニアそっくりです。

schwarzer_pacu_colossoma_macropomum_tierpark_hellabrunn-1
By Rufus46 – Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=36213773

コロソマの食べ物

コロソマは肉食魚と混同されることがありますが、実際は植物食の色が強い雑食です。果実などを主に食べており、彼らの食物のうちの78~98%が果実だといわれています。

人間との関係

コロソマはミネラルの少ない水でも生きることができ、病気にも強いことなどから、養殖に利用されています。ブラジルでは、養殖されている魚でも主要なものの1つで、経済にとっても大切な魚になっています。

またタイでは、プロジェクトの一環としてこのコロソマが香港やシンガポールから紹介され入ってきましたが、今ではいくつかの地域で野生化しているようです。

夏季限定でキャッチアンドリリースですが、浜名湖のフィッシングリゾートでは、このコロソマの釣りができるようです。

コロソマは飼育できる?

コロソマはペットとして飼育されることもあります。大型の魚でかなり大きくなるので、かなり大型の水槽を用意してやる必要があります。性格はおとなしいので、スペースを用意できれば飼育は可能です。成長速度が速く、はじめは小さくてもすぐびっくりするほど大きくなるようです。

スポンサーリンク

コロソマは危険?

一見危険そうな魚だと思う方もいるかもしれませんが、実際は植物食性の強い魚であり、危険性はそんなにないのではないでしょうか。とはいえ大型の魚で歯ももっていますので、噛まれたりすれば話は別ですが。アマゾンの魚でいえば、ピラニアやカンディル(カンディルについてはこちら)などのほうが危険でしょう。

最後に

かなり大型でピラニアに似ていますが、実際は植物食でおとなしく最初見たときのイメージとは少し違った魚です。飼育する際は、大きくなっても飼えるか吟味したうえで買うようにしてください。

 

 

 

スポンサーリンク