ドジョウについて解説!生態、飼育法は?どんな種類がいる?

   

柳の下のドジョウ、二匹目のドジョウなどの故事成語にも使われるドジョウはコイ目ドジョウ科で、淡水魚の一種です。故事成語にも使われるようにドジョウはウナギに匹敵する栄養価のある生物で、日本では、「柳川鍋」、「どぜう鍋」など江戸時代から食用に使われていることでも有名です。その豊富な栄養価と比較的丈夫で育てやすいことなどから食用魚として養殖も行われています。今回は、ドジョウについていろいろとみていきたいと思います。

ドジョウの生息域や種類

ドジョウは日本全国の水田や湿地などに生息していますが、日本だけでなく中国や台湾、朝鮮半島など東アジア地域に生息しています。代表的な品種は、マドジョウ、ヤマトドジョウ、ヒドジョウなどがあり、全身がオレンジ色の白変種であるヒドジョウは観賞用にも飼われています。

ドジョウ-300x225

マドジョウは日本で最も良く知られているドジョウで、全国の水田や川に生息しています。体長は最大でも12cm程度で10本のひげを持ち、穏やかな性格で他の生物と一緒に水槽で飼うことができます。

6本のひげを持つヤマトドジョウは日本固有種で、山口県と九州のみに生息します。ヤマメのような模様があり体長はオスで8cm程度、メスで10cm程度です。になります。マドジョウよりもきれいな水質で生息するシマドジョウは本州や四国、大分の川の中流から下流などでみられます。

ドジョウの生態

オスの胸びれには骨質盤と呼ばれる板状の骨が特徴的です。1年〜2年で成熟し、4月から6月に水草やイネ株に産卵します。ドジョウのオスの胸びれはメスに比べ先がのびて尖っています。

ドジョウは雑食性で腐食した水草などを食べますが、蚊によく似たユスリカの幼虫なども食べます。体は円筒形で細長く、味蕾のついた口ひげが特徴的ですが、種類によって口ひげの本数が異なっています。この口ひげは食物を探すことに使われています。またウナギと同じように体表面にはぬめりがあり捕まえるのに苦労します。

えらでも呼吸しますが、水中の酸素が足りなくなると、水面に顔をのぞかせて腸で呼吸をし、またすぐに水中に潜ります。この姿を見て、一部の地域ではオドリコといった呼び方をすることもあります。色はおおむね茶褐色で背中に模様があります。危険を感じたり、気温が30度を超えたりすると水底の砂や泥の中に潜り、水槽を濁らせるだけでなく、水草も掘り起こしてしまうことがあります。

なお日本各地でみられるドジョウですが、ある研究では、日本および周辺のドジョウについて遺伝子を調べたところ、中国大陸のものと一致あるいは類似する市販のドジョウが多く、交雑による固有種の減少の可能性が高いことが指摘されています。

ドジョウは飼育できる?餌は何?

初心者にも飼育は行いやすく、メダカよりも大きめの蓋付きの水槽と底砂、隠れ家になるようなパイプなどを準備します。蓋が無いと、顔を出したときに飛び出すことがありますので要注意です。底砂は、土でもよいのですが、水槽飼いであれば粒の細かい砂がよいでしょう。

また水も普通にカルキをぬいたもので大丈夫です。また、潜ったときに掘り返される可能性はありますが、水草もいれてあげましょう。メダカ、ミナミヌマエビ、タニシなどと一緒に飼うことも可能で、餌も何でも食べますのでメダカ用の餌でも大丈夫です。

最後に

故事成語や食用などなど、我々にとって身近なドジョウでした。飼育も意外と簡単に行うことができるので、飼ってみたい方は健闘してはいかがでしょうか。

 - 魚類・甲殻類