犬のしつけはどうする?心構えは?最も大切なのは?


スポンサーリンク

犬のしつけ

犬はとても知能が高く、飼い主への忠誠心も溢れた動物ですので、しっかりとしつけを行えば問題なく生活を共に送ることができるでしょう。

しかし、犬をしつけるということは決して簡単なことではありませんので、しっかりと心構えをしておきましょう。

心構え

愛情が大事!

まず、何よりも「愛情をもって接してあげる」ことを忘れないようにしましょう。しつけを覚えない、言うことを聞かないからといって冷たい態度をとり続けると犬は傷つき心を閉ざしてしまいます。そのような場合に陥ると、いくらしつけようと頑張っても、信頼関係が成り立たないうえでは全く無意味になってしまいます。犬のしつけをするうえで信頼関係は必須ですので、愛情をもって接することを忘れないようにしてください。

甘やかしすぎには注意・・噛み癖、偏食などの原因にも

愛情を持つといっても「甘やかしは禁物」です。例えば、子犬がじゃれて噛んできた時に、痛くないからと甘噛みを許してしまうと、噛んでも怒られないからいいんだ、と勘違いし人に歯を立てることに抵抗がなくなり、噛み癖がついてしまいます。

また、餌を与える際にもドライフードを食べてくれないからといってウェットフードを中心にしたり、人間の食べ物を与えたりすると、将来まったくドライフードを食べなくなるという例もありますので甘やかしは禁物です。優しさと厳しさを兼ね備えた愛情をよく理解することが大切になります。

従順関係をわからせる・・無駄吠えの原因にも

犬のしつけの際には、飼い主との従順関係をはっきりとわからせることも大切になります。犬のペースで生活をしていると、犬は飼い主を自分より下の立場と見なし、言うことを聞かなくなったりわがままな性格になってしまうことがあります。また、無駄吠えの原因となることもありますので、「犬のペースでは生活せず、飼い主が主導権を握っていると理解させる」ことが大切になります。

しかし、飼い主のほうが立場が上だからと言って、「飼い主様の態度でしつけを行わない」よう気を付けましょう。飼い主の気分によって犬への対応を変えてしまうと、犬はその態度の違いに困惑してしまいます。また、怒鳴ったり暴力的にしつけをするのは犬を困惑させるだけでなく、精神的に傷つけてしまい全くもって逆効果なため、気分で態度を変えるのは絶対にやめましょう。

呼び方や指示は統一

犬の家族となる一員が「名前や褒め方、指示の言葉などに一貫性を持つ」ことも、しつけを行う際には重要となります。名前の呼び方に統一感がないと、犬はどれが自分の名前で、どれに反応したらよいのか困惑してしまいますし、やみくもに指示をしたり、命令をしたりは人間の言葉の意味を理解できない犬にとってはただ混乱を招くだけになります。そのため、犬のために家族で統一した言葉を決めることも大切です。

最も大切なことは?

しつけを行う際に最も大切になるのが「できたらしっかりと褒めてあげる」ということでしょう。犬も人間同様、怒られるより褒められるほうが良いですし、褒められて嬉しい気持ちを覚えれば、もっと飼い主に褒められたいと努力するようになります。飼い主が褒めているつもりでも犬が理解しないと意味がありませんので、しっかりと伝わるようハッキリとした言葉と態度で褒めるよう気を付けましょう。

labrador-805838_640

 

スポンサーリンク

最後に

しつけは簡単なものではありません。しかし、しっかりとした信頼関係を築き「根気強く」行えば必ず成果が見えてきますので諦めずに最後まで愛情をもってしつけを行いましょう。

これから犬の飼育を始めたい方は、以下のページも参照してください。

厳しい!?里親制度の条件は?メリットやデメリットは?

犬の飼育を始めたい!犬の選び方は?健康状態の確認は?

犬の飼育にかかるお金は?初期投資や毎月かかる費用は?

既に犬を飼育している方は、以下のページも参照してみてください。

犬の餌(ドッグフード)は何が良い?選び方は?ダメなものは?

犬の毛の掃除、手入れはどうすればいい?シャンプーは?

スポンサーリンク