犬の飼育にかかるお金は?初期投資や毎月かかる費用は?

ペットとして犬を飼ってみたい・・・と多くの方が思っていると思います。とはいえ、実際犬を飼育するのにどのぐらいのお金がいるのか、は非常に気にかかるところですよね。では、犬の飼育にかかる費用はどのぐらいなのでしょうか。今回は、犬の飼育にかかる費用について具体的にみていきたいと思います。


飼い始める際に必要な費用

・アイテム

これから家族の一員となる犬を迎えるため、飼育に必要となるアイテムを用意します。

  • お散歩用の首輪・リード・ハーネス 各1000円~3000円
  • トイレシート2000円~5000円(枚数によって変動)
  • エサ入れ・水入れ各500円~1000円
  • 犬用ブラシ500円~1000円
  • 玩具1000円ほど
  • その他の消耗品

合計で2万円前後の費用を見込んでおくと良いでしょう。

・医療費

医療費は、飼い始める際に必ず必要となります。健康診断3000円、狂犬病予防注射3500円、混合ワクチン接種1回8000円×2回で16000円の合計22500円ほどかかります。

狂犬病予防法により、狂犬病予防注射を毎年1回受けることを義務付けられています。自治体が行う集団予防接種で受けることができ、またこの機会を逃しても、動物病院で接種可能です。しかし、動物病院で行った場合は、保健所に接種済みの証明書を提示する必要があります。

混合ワクチン接種は犬の免疫をあらかじめ高めるワクチンであり、生後50日後に1回目、生後80日~90日後に2回目を受けます。それ以降は年に1回の接種となります。5~6種混合ワクチンは5000円~7500円ほど、8~10種は5000円~10000円ほどの価格ですので、必要に応じて選ぶと良いです。

また、生後90日以上の犬を持つ飼い主全てに義務付けられているのが畜犬登録です。狂犬病予防注射済みの証明書を持って、役所又は保健所に届け出ます。畜犬登録料は3000円です。登録後は証明書として「鑑札」「注射済み票(メタル)」「標識」の3点が渡されます。

その他、避妊手術が行われていない犬には去勢・避妊手術用の費用も必要となります。        メスの場合は避妊手術30000円ほど、オスは去勢手術20000円ほどです。

毎月必要となる費用

食費は毎月かかります。小型犬の場合はエサ代月約3万円、大型犬の場合は6万円と、大型犬のほうが食べる量が多い分、食費も割高になってきます。また、通常の食費に加えおやつ代も必要となります。小型犬で月約1万円、大型犬は2万円を見込んでおきましょう。

トイレシーツは、犬によってはお家の中で用を足さない子もいるので、毎月必要になるかどうかは個体次第でしょう。筆者の飼っている犬はお家では滅多に用を足さないため、200枚入りのペットシーツで一年持ちます。しかし、お散歩中に用を済ますため、お散歩用トイレグッズ(犬の糞を処理するグッズ)が必要となり、毎月大きな出費となっています。お散歩用トイレグッズは100枚入り500円ほどで販売されています。

kaninchen-dachshund-953698_640-1

その他に必用となる費用

トリミング代は必ずしも必要ではないですが、犬の毛が伸びてきた際に多くの飼い主がプロのトリマーに依頼します。金額は犬の種類や毛の量、またデザインによっても異なりますが、一般的には5000円~10000円ほどです。2~3か月に一度6000円ほどですので、年間にして3万~4万ほどです。

また、万が一愛犬が病気にかかってしまった場合に必用となる治療費は比較的割高です。内容によって価格は異なり、診察・薬の処方で5000円~1000円、手術となると2万円以上必要となります。愛犬の健康は一番の節約にもつながりますので、体長管理はしっかり行いましょう。

スポンサーリンク

最後に

初期投資に加え、犬によって1~2万円ほど必要になります。犬の飼育にはお金がかかりますので、その辺も吟味して飼育できる方は愛犬を是非家に迎えてやってください。

スポンサーリンク