ボタンインコの飼育法を解説!餌や寿命は?鳴き声は?


スポンサーリンク

ボタンインコとは

ボタンインコはアフリカ原産で、タンザニア・モザンビーク・ザンビア・ローデシアに生息しているインコです。赤いくちばしに色鮮やかな羽毛、目の周りが白くなっているのが特徴です。

コザクラインコと並び「ラブバード」という愛称を持ち、パートナーに対して深い愛情を見せます。一羽飼いをしている場合、飼い主に甘えぴったりくっついて離れない子も多いそうです。飼い主が構ってくれないと拗ねて攻撃的になることもあるので、しっかりとしつけることが大切です。

鳴き声は?おしゃべりはする?

ボタンインコは人の言葉を真似ておしゃべりすることは得意ではありません。しかし、鳴き声は見た目よりも遥かに大きく響くため、近所迷惑にならないよう注意が必要です。

飼育方法と必要なアイテム

飼育に必用なケージはインコの大きさに合わせて選びましょう。ストレスを溜めさせないためにも、十分に遊べるだけの広さがあるケージを選びます。ケージ内には止まり木、木箱や巣などのインコの休める場所、エサ入れ、水入れ、玩具を用意します。エサ入れはインコが食べやすいよう、底の浅い容器を選ぶと良いでしょう。止まり木は、爪が早く伸びるのを防ぐ効果のある木製のものがお勧めです。

ボタンインコはアフリカ原産のため非常に寒さに弱いです。冬場はペット用ヒーターや暖房を使い室温を保ちましょう。また呼吸器官も弱いため、加湿器などを使用し湿度を50%程度に保つことも必要です。

インコは一日の大半をケージ内で過ごします。そのため、ケージ内が汚れ、不衛生な環境だと皮膚病などの病気にかかりやすくなってしまいます。清潔な環境を保つためにも、特に気を付けたいのが糞の清掃です。鳥の糞は放っておくと粉末状になり空気中に飛散します。これを吸い込むことにより鳥だけでなく、人間の健康にも害を与えます。インコ、そして私たち飼い主の健康のためにも、毎日清掃を怠らないようにしましょう。

清掃方法は金網の下に新聞紙を敷き、毎日1回新聞紙を交換してあげます。また、金網にこびり付いた糞は菌や臭いの原因となりますので、週に1回金網の清掃も行いましょう。お湯に浸けふやかしたり、湿らせた雑巾などで拭き取り掃除します。そして、月に1回は殺菌のためにケージ丸ごと大掃除をしてあげましょう。止まり木などの全ての用具を取り外し、熱湯で丸ごと洗い天日干しして乾かしたら完了です。

また水入れやエサ入れにも汚れが溜りやすいので、こちらの清掃も忘れずに行いましょう。

ボタンインコの餌

種子を主に食すボタンインコには、粟やヒエなどのシード類やペレットを主食として与えます。また、カルシウムやミネラル補給のためにも、青菜や果物、パンプキンシードなどをおやつとして与えてあげると良いです。

エサの与えすぎは当然のことながら肥満に繋がり病気を引き起こす原因となります。適量をしっかりと守り健康を保ちましょう。

ボタンインコの寿命

平均寿命は約10年と言われていますが、飼育環境が良く、しっかりと体調管理を行っていればより長生きしてくれます。毎日愛情をもって接してあげることも長生きの秘訣です。

スポンサーリンク

最後に

「ラブバード」の愛称が示す通り、飼い主によくなつきかわいい鳥です。興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク