ピラニアの飼育法を解説!餌、水温、混泳、寿命など


スポンサーリンク

ピラニアとは

種類

ピラニアは南米アマゾン川などの熱帯地方に生息するカラシン目セルラサルムス科に属する肉食淡水魚の総称のことです。そのため、ピラニアには「ピラニア・ナッテリー」や「ピラニア・ブラック」や「ピラニア・ピラヤ」、「ジャイアント・イエローピラニア」など様々な種類が存在します。

流通量も多く飼育しやすいのは「ピラニア・ナッテリー」になります。初めてピラニアを飼う方はこちらがおすすめです。

名前の由来

「ピラニア piranha」は、インディオの言語トゥピ語の魚を意味する「Pira」と歯を意味する「Ranha」を合わせたもので、「歯のある魚」という意味を持ちます。

piranha-262575_640

恐ろしい魚?

ピラニアは映画やテレビ番組の影響により、鋭利な歯と強靭な顎を持つ、肉食性の人を襲う恐ろしい魚というイメージを持たれますが、実際は臆病な性質で人を襲うことは滅多にありません

しかし、例外として人間が怪我などにより出血状態にあると、ピラニアが興奮状態に陥り襲われる可能性があるため、その場合は安易にピラニアの生息域に入ることは避けましょう。

なお、アマゾンにいる魚で、ピラニアより恐ろしいといわれたりするのがカンディルという生き物です。我々がもつ魚のイメージとはかけ離れた奇妙な生き物になります。カンディルについてはこちらをご覧ください。

ピラニアより恐ろしい?アマゾンの鬼畜肉食魚、カンディル!

飼育方法と必要なアイテム

大半のピラニアは全長20㎝~30㎝ほどですので、単独飼育、複数飼育どちらの場合であっても60㎝~90㎝幅ほどの大きさの水槽を使用するとよいでしょう。

しかし、「ジャンボ・イエローピラニア」や「ピラニア・ブラック」は全長50㎝ほどに成長しますので、この場合は120㎝ほどある水槽を使用しましょう。

ピラニアは水質への順応性が高い魚であるため、水質を気にかける必要はあまりありません。しかし、極端に酸性やアルカリ性に偏った水での飼育は良くありませんので気を付けましょう。

水換えは週に一度を目安に行いますが、肉食性で水を汚しやすい熱帯魚であるため、水が汚い場合にはその都度清掃をしてあげるとよいでしょう。水質は体調面とも関係してきますので、清潔な環境を保ってあげられるよう気を配りましょう。

水温について

南米のアマゾン川に生息している魚なので、水温は26度~28度が適正とされます。冬場は水中ヒーターなどを使用し保温するようにしてください。この際にヒーターのコードがブラブラと垂れ下がっていたりすると、ピラニアが齧ってしまい思わぬ事故に繋がる危険性があるため、コードはしっかりとカバーしておきましょう。

混泳は可能?

ピラニアは基本的に混泳には向かない魚ですが、「ピラニア・ナッテリー」という品種は比較的臆病な性格ですので、唯一混泳可能とされます。しかし、混泳可能といえども獰猛な肉食ピラニアであることに変わりないため、他種の熱帯魚と混泳させるのはやはり難しいでしょう。

一方で「ジャイアント・イエローピラニア」や「ピラニア・ブラック」は非常に獰猛な性格であるため、どんな品種の熱帯魚とも混泳させることは一切できません

ピラニアは動物性であれば基本的にはなんでも食べますが、人工飼料に対しての食いつきはあまり良くないため、冷凍アカムシなどと混ぜて与えてあげるとよいでしょう。人工飼料は水を汚しにくく手間もかからないため慣れさせてしまえば飼育がより楽になるのでお勧めです。

しかし、ピラニアは肉食性なので、本能的に赤虫や生餌を好みます。そのため、人工飼料に全く食いついてくれない場合であれば、あきらめてメダカなどの生餌を与えましょう。生餌を与える際は、水が汚れやすいので、こまめに食べ残しを取り除いてあげましょう。

ピラニアは空腹になると他の魚を捕食し始めてしまうため、餌やりを行う際は満腹感をキープできるよう、餌の量に気を付けましょう。

ピラニアの寿命

ピラニアの平均寿命はどの種類も比較的長く、飼育環境が整っており、上手に飼育すれば15年ほど生きることも可能です。

スポンサーリンク

最後に

ピラニアは恐ろしい魚というイメージを持つ方もいるかもしれません。獰猛な魚であることには変わりありませんが、飼育自体はさほど難しくなく、水質への適応力も高い丈夫な魚です。

スポンサーリンク