ペットにしやすい亀(陸棲)の種類は?餌や必要なものは?

寿命も長いことで知られ、ペットとしても人気の高いリクガメ。そうはいってもリクガメといっても種類が多く、どの種類が良いのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。今回は、陸棲のカメにおいて、飼育しやすい種類を紹介していきたいと思います。


ヘルマンリクガメ

地中海沿岸原産のリクガメで、日本の気候に似た環境に生息しています。そのため、湿度・温度の対応能力は柔軟で、調整にシビアにならなくて良いので、飼育しやすく人気の個体です。しかし本来の生息環境は、日本のように高湿度ではなく乾燥しているため、湿度の高くなる梅雨から夏にかけては通気性や湿度に注意が必要です。

ヘルマンリクガメは「ヒガシヘルマンリクガメ」「ニシヘルマンリクガメ」「ダルマティアヘルマンリクガメ」の3つの亜種に分類されます。その中で日本で流通するのはヒガシヘルマンとニシヘルマンの2種で、ニシヘルマンに関しては生息する国で厳重に保護されているため、少数しか流通せず高値での取引となっています。

ヘルマンは人懐っこく、人の顔を覚え向こうから近寄って来るなどペット向きの性格です。体長は20㎝ほどで、寿命は20年以上です。ペットショップでの販売価格は15000円~35000円ほどとなっています。

ヘルマンリクガメの飼育については以下のページで解説しています。

ヘルマンリクガメの飼育法を解説!大きさ、餌、寿命、温度など

ギリシャリクガメ

甲羅の模様がギリシャ織に似ていることからその名が付けられました。ギリシャリクガメの生息地域は幅広く、主に地中海周辺に生息しています。

生息域が幅広いため、ギリシャリクガメは多くの亜種に分類され、その中でも「ムーアギリシャリクガメ」「アラブギリシャリクガメ」「トルコギリシャリクガメ」「スースギリシャリクガメ」「アナムールギリシャリクガメ」の5亜種は日本でよく知られている個体です。

その中でも特に「トルコギリシャリクガメ」は日本の気候に適し、寒さにも強いため、初心者の方にも飼育しやすく人気の亜種です。

一方で、「アラブギリシャリクガメ」は温暖な気候を求めるため、冬場の温度調整に配慮しなければならず、また「ムーアギリシャリクガメ」は飼育難易度が高く上級者向けの亜種となっています。

体長は20㎝~30㎝ほどで、寿命は個体によっては50年以上生きることもある、非常に長生きなリクガメです。価格は10000円~30000円ほどで販売されています。

ギリシャリクガメの飼育法を解説!餌、寿命、用意するもの等

アカアシガメ

南米やカリブ海地方に生息するリクガメで、多湿環境を好むため日本の夏の気候に適応しやすいリクガメです。アカアシガメという名の通り、褐色や暗褐色の頭部、前肢に赤や黄色、オレンジの斑点がデザインされている派手な色合いを持ったリクガメです。

その中でも頭部が綺麗な赤色の「チェリーヘッド(ブラジリアン・ドワーフ・チェリーヘッド)」は特に人気の個体です。成長しても最大甲長は30㎝と言われており、日本でのペット用リクガメとして適した性質を持っています。

販売価格は20000円~40000円ほどです。

飼育に必要なもの

リクガメの飼育には甲長の5倍の長さを目安としたケージが必要です。リクガメが快適に動き回れるよう、甲長20㎝ならば最低でも90㎝をご用意ください。ケージ内にはリクガメが落ち着けるよう、体が隠れる大きさのシェルターを設置しましょう。

また、元々は日本と全く違う環境下で生きてきたリクガメを健康的に育てるため、温度調節できるアイテムを用意しましょう。ケージ内を温めることのできるライト(全体を温める散光型保温用ライト、部分的に温めるホットスポット用ライト)、設定した温度を自動的に保ってくれるサーモスタット、温度計はリクガメを飼う際の必須アイテムです。

リクガメは乾燥した地域で生息する種類と、アカアシガメのような多湿地域で生息する種類がいます。多湿地域で生息してきた種類のリクガメにとって甲羅の乾燥は命取りです。比較的高めの湿度を保持するために、リクガメの体全体が浸かる大きさの水入れを設置したり、散水するなどして乾燥を防ぐよう注意しましょう。

リクガメは草食性の種類と雑食性の種類に分かれます。今回ご紹介した「ヘルマンリクガメ」と「ギリシャリクガメ」は草食性、「アカアシガメ」は雑食性です。

草食性の個体には小松菜やチンゲン菜などカルシウムを多く含む野菜を中心、果物や野草などを与えます。

雑食性の個体にはカメ用配合飼料を含め、動物性たんぱく質や野菜など幅広く与えましょう。

亀の寿命

亀は非常に寿命が長いことでも有名です。そのため、長期的な付き合いを視野に入れて飼育する必要があります。以下のページも参照してください。

クサガメ、リクガメ、・・ペットとしても飼われる亀の寿命

スポンサーリンク

さいごに

リクガメを飼う際にはしっかりと下調べをしましょう。それぞれの個体の特徴に合わせて環境を整え、愛情たっぷり新しい家族を迎えてください。

スポンサーリンク