パンケーキリクガメの飼育法!餌、寿命、値段、温度など

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「パンケーキリクガメの飼育法!餌、寿命、値段、温度など」というテーマでお送りしていきます。

当記事では、タイトルの通りパンケーキリクガメの飼育について見ていきます。是非、参考にしてください。

 


パンケーキリクガメとは

出典:http://www.reptilesweb.com/

パンケーキリクガメは東アフリカのケニア南部、ザンビア北東部、タンザニア北部に生息するリクガメの一種です。

最大甲長は17.8㎝と小柄であり、体色は黄色や黄褐色、褐色と様々です。一般的にメスの方が大きくなる傾向にある一方で、尾の長さはオスのほうが長くなる傾向にあるようです。

パンケーキという名がつくほど平たい甲羅を持っており、また手で触れた際にもパンケーキのように弾力のある柔らかさが特徴的です。このパンケーキのような甲羅は、他のリクガメの半分以下の薄さであり、横から見るととても平べったいのがわかります。

この薄く平べったい甲羅を活かし、普段は岩と岩の間に隠れて生活しています。危険を感じると獅子を踏ん張り体を膨らませ、岩の間から引っ張り出されないよう防御すると言われています。

博士
名前の通り、「パンケーキ」のように薄く平べったい甲羅が、この亀の特徴だよ。

パンケーキリクガメはそのユニークで愛らしい容姿からペットとして人気が高い種類ですが、近年原産国が輸出を禁止してしまったため、入荷数は急激に減少してしまいました。

 

 

飼育方法と必要なアイテム

パンケーキリクガメは一般的なリクガメと同様の飼育が可能です。甲長は最大でも約18㎝ほどですので45㎝幅ほどの水槽で飼育は十分可能です。

基本的に多頭飼育も可能ですが、その場合は相応の容器を用意しましょう。

パンケーキリクガメは岩場で生息しているだけあり、その動きは素早く、背丈の低い水槽で蓋なしで飼育していると脱走してしまう可能性があるので注意しましょう。

安心のためにも水槽には蓋をするようにしてください。

パンケーキリクガメは岩と岩の間に隠れて生活しているため、水槽内にはレンガやブロックなどで隠れ場所を用意してあげるとよいでしょう。

また、床材を十数センチほど敷き詰めて潜る場所を提供してあげるのがお勧めです。隠れ場所に入るより、床材に潜ることを好むパンケーキリクガメも多いようです。

日常の世話としては給餌の他に、汚れがあれば掃除も行いましょう。また床材は数か月に1度交換することで、清潔に保つことができます。

 

温度や湿度について

東アフリカの乾燥した地域に生息しているパンケーキリクガメは日本の高温多湿の環境は苦手とします。

そのため、飼育環境は通気性をよくしてあげる必要があり、エアコンなどで除湿し多湿にならないよう心がけましょう。

しかし、除湿を徹底しすぎると脱水を起こし体調不良を招く危険性があるため気をつけましょう。深さ1cmほどの皿に新鮮な水を入れておくと、水浴びができるようになるのでお勧めです。水は毎日交換しましょう。

室温はサーモスタットや保温球を使用し、昼間は30~40℃、夜間は25℃前後に設定し昼夜の温度差を大きくしてあげ、元々の生息地に近い環境にしてあげましょう。

またケース内で温度差をつけることで、より良い環境を作ることができます。昼間だとホットスポットとして38~40℃程度に、そのほかの場所を30~35℃程度が目安となります。

また、体内でのビタミンD3生成のためにも、必ず紫外線ライトを使用しましょう。

 

病気について

亀がかかりやすい病気に関しては、以下のページで解説しています。病気を防ぐためにも、ケース内を清潔に保つなど日常の世話を欠かさないようにしてください。

関連記事:亀の病気について解説!甲羅、皮膚は?種類は?

 

パンケーキリクガメの性格

パンケーキリクガメは基本的には臆病な性格なので、ゆっくり時間をかけてコミュニケーションをとるようにしましょう。

博士
臆病な性格で隠れることも好きな亀だから、あまり負担をかけ過ぎないように注意してね。

はじめは手から餌付けを行ったり、軽く甲羅や頭を撫でてあげるなどのスキンシップを続けてあげると、自然と人に慣れてくれるでしょう。

 

パンケーキリクガメは基本的には植物食です。餌としてはリクガメ用のフードや、野菜・果物・豆類などを与えれば良いでしょう。なるべく多くの野菜を与えることで、栄養のバランスも整えることができるでしょう。

基本的には植物性の餌であれば大丈夫ですが、水分が多い野菜(トマトなど)やシュウ酸が多い野菜(ほうれん草など)、ゴイトロゲンが多いアブラナ科の野菜等は与えすぎないほうが良いようです。

博士
骨形成に影響を与えたり、過成長に繋がるリスクがあるから、肉類を餌にするのは避けてね。

 

パンケーキリクガメの寿命

パンケーキリクガメは20年以上生きることができます。またしっかりした飼育環境を整えてあげれば、35年以上も生きることが可能と言われています。

博士
多くのリクガメ同様、飼育環境がしっかりしていれば、かなり長い間パートナーとして一緒に生活できるよ。

その分の覚悟は必要だから、長い間パートナーとして飼育することになることを念頭に置いたうえで、迎え入れるようにしてね。

 

パンケーキリクガメの値段

パンケーキリクガメはだいたい1~2万円前後で買えますが、高いと数万を超えることもあると思われます。

 

スポンサーリンク

最後に

当記事では、「パンケーキリクガメの飼育法!餌、寿命、値段、温度など」というテーマでお送りしてきました。

最後に、当記事で紹介したことを簡単に纏めます。

  • パンケーキリクガメは甲長15~17cmほどの小さな亀で、パンケーキのような平たい甲羅が特徴的。
  • ペットとしての飼育も可能で、他のリクガメ同様長寿。次第に人に慣れていき、スキンシップも可能だが、基本的には臆病な性格なのであまり負担をかけ過ぎない方が良い。隠れ場所を用意してあげると落ち着くことができる。
  • 草食性で、餌はリクガメ用フードや野菜などで飼育できる
  • 温度管理が必要で、湿度は基本的に乾燥を好む。一方で乾燥のし過ぎも良くなく、他のリクガメ同様水を入れた容器も用意して置き、水浴びなどができるようにすると良い。

 

スポンサーリンク