ヘビクイワシの生態や餌は?大きさ、見れる動物園は?

あなたは、ヘビクイワシという鳥を知っていますか。タカ目ヘビクイワシ科に分類される鷹の仲間の鳥で、「ヘビクイ」という名の通り蛇を食べる鳥として知られています。ここでは、そういったヘビクイワシについて紹介します。


スポンサーリンク

大きさや生息域、外見上の特徴

アフリカのサバンナに生息している鳥です。非常に大型の鳥で、全長は1mを超し、翼開長は2mほどにもなります。体重は2.3~5kg程度です。

薄い灰色をしており、風切羽(翼後方に位置する一連の羽)は黒くなっています。目の周りはオレンジ色で、頭には黒い羽毛が飛び出て冠のようになっています。

名前の由来

ヘビクイワシという名前は、後述するヘビの頭を蹴って弱らせる習性からヘビを食べる鳥ということでヘビクイワシと呼ばれています。

また、英名ではヘビクイワシのことをsecretary birdといいますが、これは書記官のような鳥(=secretary:書記官)といった意味があります。このことから、日本でも書記官鳥と呼ばれることもあります。何故書記官なのかといわれるとこれまた諸説がありますが、1つの有力な説に「冠羽が書記をするときのペンを思わせるから」というものがあります。

ヘビクイワシの生態

ヘビクイワシの食べ物

ヘビクイワシは他の主な肉食鳥類とは違い、地上で歩きながら狩りを行います。食べ物としては昆虫やネズミなどの小さな哺乳類、ヘビ、トカゲなど多岐にわたります。大きめの動物を食べることはあまりありませんが、時にはそういった場合もあるようで、ガゼルの幼獣を食したという報告もあります。

「ヘビクイ」という名前の通り蛇を食べることもあり、アダーやコブラなどの毒をもつ蛇であっても彼等にとっては食料源です。一方で、名前から誤解する方もいらっしゃるかもしれませんが、ヘビばかり食べているわけでもありません

蛇を蹴る?

ヘビクイワシはヘビやトカゲなどを食べる際、その獲物が死んだり動けなくなったりするまでその頭を蹴ることで知られています。このキックは自身の体重の5倍もの力があるといわれています。以下の動画も参照してください。

 

 ヘビクイワシの繁殖

ヘビクイワシはオスメス1対1のペアを形成し、このペアは死ぬまで変わりません。巣はアカシアの木の地上から5~7mほどの場所につくります。巣は幅2.5m、深さ30cmほどの大きさです。

卵は2~3個産み、これらの卵はメスが1か月半ほど抱卵します。子育てはオスメス共同で行い、両者がヒナに食べ物を与えます。ヒナは2か月ほどで羽ばたきをはじめ、80日ほど経つと巣立ちができるようになってきます。その後、雛は両親の狩りに同行して獲物を狩る方法を教わり、そして独立していきます。

スポンサーリンク

ヘビクイワシが見れる動物園

日本のいくつかの動物園では、このヘビクイワシが飼育されています。東京の上野動物園や埼玉県の東武動物公園、千葉県の千葉市動物公園、静岡県の掛川花鳥園、兵庫県の神戸花鳥園といった場所でみられるようです。最新の状況はわかりませんので、確実に見たい方は問い合わせてから行くとよいでしょう。

最後に

非常に美しく存在感のある鳥で、蛇をキックして食べるなど非常に面白い鳥でもあります。興味のある方は、動物園などで見てみるのも面白いかもしれません。

スポンサーリンク