ミズカマキリについて解説!飼育法や餌は?価格や寿命は?

      2017/08/29

ミズカマキリは、カメムシ目タイコウチ科に分類される水生昆虫です。タガメやゲンゴロウなどに比べると知名度は劣るかもしれませんが、代表的な水生昆虫の1つでもあります。名前に「カマキリ」とついていますが、外見がカマキリに似ているだけで、実際はカメムシの仲間でカマキリとは無関係です。今回は、そういったミズカマキリについてみていきたいと思います。

大きさや生息域

ミズカマキリの大きさは4~5cmぐらいです。日本全国に生息しており、海外でも中国やシベリアなど広く生息しています。ヒメミズカマキリやマダラアシミズカマキリといった近縁種も生息しており、これらの大きさは2~3cmぐらいとなります。

ミズカマキリの食べ物

ミズカマキリは肉食です。自然界ではオタマジャクシや小魚、ほかの虫などを食べています。カマキリと同じように前肢で獲物を捕らえ、口吻を刺します。そして消化液を送り込んで獲物を消化し、消化されたものを吸い取るという特殊な食べ方をしています。これを体外消化と呼びます。ほかにもタガメやゲンゴロウなどもこの体外消化を行います。

ミズカマキリはどこにいる?

水田や池、沼などに生息していて、やや深めのところに多いようです。飛ぶことができるためかプールなどで見ることもあります。動きは活発でないため、見つけることができれば捕まえるのも難しくありません。

ミズカマキリの飼育方法

ミズカマキリの飼育は特に難しくはなく、餌さえ用意できれば気軽に飼育できると思います。

用意するもの

用意するものとしては入れ物や水草などです。入れ物は水槽や飼育ケースなど一般的な飼育容器でかまいません。入れ物に汲み置きした水をいれ、水草を配置すればセッティングとしてはOKです。なお、ミズカマキリは飛行能力が高いので、逃げ出したりしないようフタが閉まる容器にする必要があります。エアーポンプなどは特に必要ないようです。

ミズカマキリの餌

ミズカマキリは先程も述べましたが肉食で、生きたものしか食べません。飼育下で与える餌としてはメダカなどの小魚やオタマジャクシなどになります。ミズカマキリはそこまで活発ではなく、餌を捕まえるのは得意ではないので弱らせて与えるなどの工夫も必要になるかもしれません。

繁殖のさせ方

ミズカマキリは陸地に産卵します。なので産卵させたければ入れ物の中に土を入れてやるか、オアシスやミズコケのようなものを用意するなどして陸地を設ける必要があります。オアシスが一番手軽にできるのではないでしょうか。陸地を設けてべちゃべちゃのオアシスなどがあれば産卵は比較的容易にできるようです。

冬眠について

ミズカマキリは寒くなってくると活動が鈍くなって冬眠に入り、翌年の4月ごろまではその状態が続きます。なので冬眠の時期になれば日光や雨水が当たらない屋外で管理して春を待つのが良いようです。

ミズカマキリの寿命

寿命は1~3年ほどです。

ミズカマキリの価格

ミズカマキリがほしいけど採集できない・・・なんて方は購入することも可能です。値段は1匹数百円か、高くても1000円未満で購入できると思います。

最後に

いかがでしたか。水生昆虫はほかの虫とはまた違った魅力もあると思います。興味のある方は飼育してみてはいかがでしょうか。

 

 - 水生昆虫